No69,冷え性対策(^^)v

今日は10月31日です♪

いつくらいからか…(・・??

日本でも盛大に

「ハロウィンパーティー」

が開かれるようになりましたよね(* ̄∇ ̄*)

私が子供の頃はこんなに騒がれて無かった気がしますが…(^^ゞ

 

イメージは子供が「魔女」や「お化け」に仮装して

「お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ(〃ω〃)」

といいながら近所の家を回って「お菓子」をもらうもの

という感じがします(^^)d

 

日本ではそんなことなく、「大人」が様々なキャラクターに仮装して歩いていますp(^^)q

先日TVでやっていましたが、このハロウィンの時期に来日する外国の方もいるみたいです(笑)

なんでも

「自分の国で仮装するのは子供だけ」

「日本は大人が仮装できる」

「日本ではお化けキャラじゃなくても、どんな仮装でも大丈夫だからおもしろい」

とインタビューに答えていましたp(^^)q

確かにお化けキャラは元よりアニメキャラ、映画キャラ、マンガキャラ、ゲームキャラなど様々な仮装をして東京のどこかを歩いていましたp(^^)q

どっちかというと

「コスプレ」を楽しんでいる気がします(  ̄▽ ̄)

私はする気はありませんが、一度見てみたいものです(*´ω`*)

 

 

 

2日連続で「冷え性」について書きました♪

「冷え性について」と「冷え性改善」ですp(^^)q

しかし、

「改善の努力はするけど、そんなにすぐには改善されない…(´;ω;`)」

「冷たい時はどうしたらいいの?Σ(ノд<)  ?」

ということで、今日はそのあたりのお話しを(*^^*)

 

 

 

多くの方は

「足先が冷たくなる」

のではないでしょうか?( ・◇・)?

この場合、2つのことが考えられます。

ひとつは

「足の裏が汗をかいている」

です(^^ゞ

足の裏は非常に汗をかきやすいところです。

その汗で靴下が湿って、冷えて…

となることがあります(×_×)

そんな時は

「足を拭いてから、靴下を履き替えてください」(^o^)v

なんか当たり前のことですよね(^^ゞ笑

でも以外とめんどくさくて、やらない人も多いです( ̄▽ ̄)

 

これだけで結構マシになります♪♪

 

もうひとつは

「血行不良」です(´д`|||)

これは前回書いたように

「冷え性の原因のひとつ」です(>_<)

根本の改善は前回書いたような「ストレッチ」などをする必要があります(^^;

しかし、それでは時間がかかりますし…

 

理想は

「足湯」

です(*´ω`*)

ふくらはぎより下には冷え性に効くツボが多くありますo(^o^)o

そこを温めるのです(^^)d

私たち鍼灸師はそのツボに「お灸」をしますが、家で簡単にやるためには

「足湯」がいいですねp(^^)q

簡単に「ふくらはぎより下」を温めることができます♪

 

ちなみにツボとは

三陰交(さんいんこう)

湧泉(ゆうせん

太谿(たいけい)

照海(しょうかい)

などがあります。

このあたりは効果のある「ツボ」です(*´ω`*)

 

しかし!!(@ ̄□ ̄@;)!!

そう簡単に「足湯」なんてできませんよね(^_^;)

 

そんな時は

「湯たんぽ」

がいいですよ(^o^)

日本に昔からある「暖をとるもの」です(*´ω`*)

近年は「エコ」ブームで東急ハンズやロフトなどで販売されています♪

 

女性ならば

「使うならかわいいものがいい!( 〃▽〃)」

といって購入するのでしょうが、私はそんなことしません(  ̄▽ ̄)

 

「ペットボトル」

で十分です(*^^*)

500mlのペットボトルにお湯を入れて、タオルでくるめば完成です(^^)d

とってもお手軽です♪

 

でも使うペットボトルには気をつけてください!(>_<)

最近の「水」が入っているペットボトルは「薄い」ので「お湯(熱湯)」を入れると変形します(笑)

 

お茶やジュースのペットボトルがいいですね(^^)v

気をつけて欲しいのは「火傷」です!Σ(×_×;)

タオルでくるまないと「火傷」するおそれがあるので、そこだけは気をつけてください(^^;

 

夜寝る時に足元に置いておくと非常に温かいです(*´ω`*)

 

そして

「足もだけど…身体も寒い(>_<)」

という方は今の「ペットボトル湯たんぽ」を「下腹部」に当ててください(^o^)v

下腹部(おへその下)にも効果のあるツボはあります♪

 

関元(かんげん)

気海(きかい)

この2つは非常に効果のあるツボです(*^^*)

「気海」は別名を

「丹田」

といいます。

格闘技などをされている方はご存じではないでしょうか?( ・◇・)?

 

この場所を温めると身体が「ポカポカ」してきます(* ̄∇ ̄*)

 

「ペットボトル湯たんぽ」は元々「ゴミ」になるものを再利用したものですから、「エコ」としても十分ですよねp(^^)q

蛇口とひねれば「お湯」が出てきます。

それを入れるだけですから、簡単です♪♪

あとはタオルにくるめばいいだけ(^^)d

 

朝になれば「常温の水」になっているだけなので安全です(^^)v

 

「頭寒足熱」という言葉があるように

「足」を温めることは健康面を考えてもとても良いことです。

 

連休の雨が上がるとまた一段と寒くなるみたいですΣ(ノд<)

体調にお気をつけください(*´ω`*)

長谷川 敬祐

No68,冷え性改善?(・・??

昨日よりは少しマシでしたが、それでも寒いですよね(^^;

明日の夕方から週末(連休)は雨だとか…Σ(゜Д゜)!

10月の連休も台風でしたし、今度の連休も雨…

最近連休の雨が多いですね(。>д<)

行楽のシーズンですから、気持ちよく遊びに行きたいと思いますが、なかなかそうもいかないようです( ̄▽ ̄;)

 

 

 

昨日のブログで「冷え性」ついて書きました。

今日は

じゃ「冷え性」に対してはどうしたらええの?( *・ω・)?

ということを書きたいと思います(^^)v

 

冷え性は

筋肉量の少なさ(このため男性に比べて、女性のほうが冷え性になりやすいです)

食生活(偏った食事、甘いものの摂りすぎ)

自律神経の乱れ(ホルモンのバランスが崩れる)

の3つが主な原因です(>_<)

 

冷え性を改善するためにはこれらを見直す必要があります( ̄□ ̄;)!!

「筋肉量」は文字通り筋肉をつけるしか方法はありません(^^ゞ

家で簡単にできる筋トレとなると…

腕立てふせ

腹筋

ですかね?( ・◇・)?

 

しかし、もうひとつ簡単で効果的な運動があります(*^^*)

それは

 

 

 

「カーフレイズ」

という運動です♪

簡単に言いかえれば

「踵上げ」の運動

のことです(^o^)v

この図のように立った状態で「踵を上げたり、下ろしたり」します。

家でお手軽にするには

「歯を磨いている時」や

「寝る前の布団に入る直前」

などにするといいと思いますp(^^)q

 

これは「ふくらはぎ」にある「下腿三頭筋」を鍛える運動になります (^^)d

人によって回数は違いますが、

「ちょっとだる~くなるまでやる」ことがポイントです(  ̄▽ ̄)

毎日でもいいですし、2日に1回でも構いません♪

 

そして

「筋トレはしんどいしな~( ̄ω ̄;) 」

という方は

「ストレッチ」

がオススメです(*^^*)

 

ストレッチをすると筋肉が伸ばされます。この時、その筋肉の血流は良くなりますo(^o^)o

大きな筋肉を伸ばす方が「効果」があると思います♪

・大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)

・ハムストリング(太ももの裏の筋肉)

・大殿筋(お尻の筋肉)

・下腿三頭筋(ふくらはぎの筋肉)

・大胸筋(胸の筋肉)

これらは身体の中でも比較的大きな筋肉です。

 

例として1つだけ。

カーフレイズは「ふくらはぎ」の筋トレなので、筋トレが終わると筋肉は「疲労」しますΣ(ノд<)

ストレッチをして伸ばすと、より効果があります(^o^)v

みなさんご存じの「アキレス腱のストレッチ」です。

これでふくらはぎを伸ばしましょう(^^)v

 

 

2つ目の食生活 (。・ω・。)

昨日も書きましたが、極力「身体を冷やす食べ物」を摂取しないことです(^^;

身体を冷やす食べ物は

・甘いもの(お菓子類、砂糖の入っている食べ物、フルーツ類などなど)

・夏野菜(トマト、キュウリ、トウモロコシ、ナス、ゴーヤなどなど)

 

とはいえお菓子を食べたいときや、デザートを食べたいとき、フルーツを食べたいときなどあると思いますし、外食などすると「夏野菜」は普通に使われています( ̄∇ ̄*)ゞ

あまり考えすぎると

「何を食べたらいいか、分かんない!(T^T)!」

となるので、

「少し気をつけよう♪」

ぐらいでいいと思います(*´ω`*)

 

そして逆に積極的に食べてもらいたいものは

・根菜類(ごぼう、人参、大根、レンコン、玉ねぎ、いも類など)

・生姜

ですね(^^)d

根菜類は昨日書いたように「カレーやシチュー、鍋物、おでん」でよく食べることができますo(^o^)o

(こらからの季節にピッタリです♪)

生姜は「薬味」として使われることが多いですが、最近ではその「身体を温める」効果が見直され

「生姜を使ったレシピ」が多く出ています( 〃▽〃)

ここでは載せることはできませんが、是非試して頂きたいですねp(^^)q

 

あとは「朝食」を食べることが大切です( *・ω・)

人間は寝ている時、「体温」が下がります。

朝起きて、これから活動するためには「体温を上げる」必要があります (。・ω・。)

人間は食事をすると体温が上がります(^o^)v

しっかりと朝食を食べるようにしましょう♪♪

 

 

最後の「自律神経」ですが、これは身体を正常に機能さすために必要不可欠なものです(>_<)

どうすれば良いのか?(・・??

 

ここでも「朝食」が出てきます(* ̄∇ ̄*)

朝食は1日の始まりを意味するので、身体に

「今から1日が始まって活動するんだよ(^o^)」

っと教えていることになります(*´ω`*)

同時に大切なのは

「朝日を浴びること」です♪

 

人間の体内時計は

「1日25時間」

で設定されています( ̄□ ̄;)!!

起きる時間、寝る時間が不規則になると、この「体内時計」が徐々に狂ってきます!Σ(×_×;)

できたら「朝10時」までに「10分」程度の朝日を浴びることが望ましいですね( 〃▽〃)

太陽に光を浴びることで、身体は「正常に働こう」としてくれます(*^^*)

 

そして「お風呂に浸かる」ことです(^^)d

夏の時期は暑いですし、特に1人暮らしの方は「シャワー」で済ませることも多いかと思います(^^ゞ

 

が!!Σ( ̄□ ̄;)

冷え性を改善するためには何より

「温める」

ことが重要です(*´ω`*)

 

「冷え性は夏に作られる」

という先生もおられます(@ ̄□ ̄@;)!!

 

若い女性がに「おへそ」を出したファッションで、毎日のようにアイスクリームを食べ、甘いものを食べる…

夏にこのような生活を送っていると「秋から冬」にかけて「冷え性になる」と言っています(>_<”)

 

ファッションとして「薄着」する方は男女問わず多いですが、寒くなってきたら身体から熱が逃げないように服を着ることが大切です(><)

 

最後に自分の「リラックスできる方法を知っておく」ことも重要です(^o^)v

簡単に言えば「ストレスをためない」になります(* ̄∇ ̄*)

 

なんでもいいんです♪

読書をする、映画を見る、お酒を飲む(深酒はダメです)、お風呂にゆっくりつかる、女性なら友達とおしゃべりする…

自律神経の中には「交感神経」と「副交感神経」があります。

この副交感神経はリラックスしている時によく働きます(*^^*)

 

ちなみに私のリラックス方法は

・スーパー銭湯などでのんびりする

・散歩する

・仕事から帰るとマンガを読んだりTVを見る

などです(* ̄∇ ̄*)

 

 

冷え性には「定義」みたいなものはありません(^^ゞ

そして冷え性は突然なるものでもありません(例外はありますが)

今までの生活からなるものです(´д`|||)

 

改善するには時間がかかりますし、なにより自分で改善の努力をしないと変わらないんです。

 

もちろんそう簡単に変えられないでしょうし、勤務先の経営方針で「夜勤」がある方もいらっしゃるでしょう(>_<)

できることからでいいのです♪

・ストレッチをする

・気をつけて根菜類を食べる

・お風呂にゆっくりつかる

これらなら簡単に始めれそうですよね(〃ω〃)

 

昨日書いたように

「西洋医学」では「病気」とされていないので、どうすることもできません(@_@;)

「東洋医学」は「万病の元」とされているので、治療方法はありますo(^o^)o

もしご自分で頑張ってみたけど、なんの変化もない方は1度ご相談ください(*´ω`*)

「鍼灸」で改善できることもあります(^o^)v

 

 

少し長くなりましたが、

「これならできそう」

というものはありましたか?( *・ω・)

是非試してみてください(^^)v

長谷川 敬祐

No67,冷え性( ̄▽ ̄;)

今朝の寒さは最近では一番寒かったのではないでしょうか?(>_<)?

朝は毛布にくるまっていました(* ̄∇ ̄*)

朝が寒くなると布団から出るのが辛くなりますよね( ̄▽ ̄)ゞ

まだ今は寒いといっても10~13℃くらいです(^^ゞ

これが一ケタ代になってくるともうダメですね(。>д<)

今日みたいに10℃くらいあって、太陽が出ている朝は結構好きです(*´ω`*)

これくらいの寒さならまだ耐えれますし、なんとなく「シャキ」っとします(^o^)v

そんな中、温かい太陽の日差しが気持ちよく

「朝!(≧▽≦)!」

って感じがするのがいいんです(^o^)v

 

 

 

さて、先日友人から

「冷え性について知りたい( ・∇・)」

という質問がありました♪

ちなみにその友人とは男性です。

一昔前は冷え性は「女性だけだ」という感じでしたが、最近は男性の冷え性もめずらしくありません (。・ω・。)

 

ではそもそも「冷え性」とは何なのでしょう?( ・◇・)?

まず漢字の違いです。

「冷え性」

「冷え症」

 

「しょう」の字が違いますよね?

一般的な正解は

「冷え性」

です(^^)v

「症」という漢字は病気の時に使われる漢字です(^^;

 

そうなんです。

実は「冷え性」とは病気ではないんですねΣ( ̄ロ ̄lll)

西洋医学には「冷え性」という病気は存在しませんΣ(ノд<)

そのため「症」の漢字を使わず

「冷え性」

とするのが一般的です。

 

実際に「解熱作用」などの「体温を下げる薬」はありますが、「体温を上げる薬」はありません。

(体温を上げる漢方はたくさんあります)

病院にしても「なに科」に行けばいいのかわかりません!Σ(×_×;)

冷え性で病院に行っても

「温かい鍋でも食べて、お風呂に入って、早く寝なさい」

と言われるのではないでしょうか?(´-ω-`)?

 

一方、東洋医学では「冷え性」はれっきとした「病症」になります(*^^*)

東洋医学では

「冷え」は万病の元

と言われています( ̄□ ̄;)!!

冷え性改善の漢方はたくさんありますし、鍼灸治療でも様々なアプローチ方法があります(*´ω`*)

 

 

では次に「なぜ冷え性になる」のでしょうか?( ・◇・)?

原因は色々ありますが、主に3つあります(細かく見ればもっとあります)

 

女性に多く、男性に少ない

これは脂肪量、筋肉量の違いがまず挙げられます(@_@;)

人体、特に末端(手足の指先)を温める際は「血流量」が重要です。

 

夏の暑い時期は身体の中に熱がこもり過ぎないように「血流」を良くして、熱を発散させます(^^)d

同時に「汗」をかいて体温調節します♪

 

冬の寒い時期は身体の熱量が少なくなるので、末端まで熱を届かすことができないのです(>_<)

血流量が乏しくなり、

末端の「血行不良」

となります (×_×)

これが冷え性の原因のひとつです( ・ω・)

 

筋肉量が少なく、「熱」が産生できない→身体の中心部(内臓)には絶対「熱」が必要→必要なところに「熱」を回すので、末端まで行き届かない

結果=「末端冷え性」

となります。

男性の冷え性は身長が高く、細身の方が多いですね(^_^;)

 

そして次は「食べ物」です♪

人の身体は「食べた物」で構成されています(  ̄▽ ̄)

今まで生きてきた中で食べてきたもので構成されていますp(^^)q

では「冷え性」になる食べ物とはどんなものでしょう?( ・ε・)

 

簡単に書けば

「甘いもの」

です( ̄∇ ̄*)ゞ

甘いものは「陰性」の性質があり、「身体を冷やす性質」があります(><)

甘いのもの代表は

「砂糖」

です(^^ゞ

砂糖の原料は「サトウキビ」です。原産地は温かい地域、日本では沖縄が有名です(^^)d

女性が大好きな「チョコレート」はまさに「身体を冷やします」Σ(-∀-;)

 

温かい地域で採れる食材は身体を冷やす性質があります(´д`|||)

逆に寒い地域で採れる食材は身体を温める性質があります(*^^*)

つまりこれから「旬」を迎える食材です♪♪

近年有名になりましたが、「生姜」は身体を温めてくれる代表みたいな食材です(^o^)v

その他は「根菜類」がいいですね(^^)v

人参、大根、ごぼう、いも類、にんにくなどです。

 

根菜類を多く摂取できる食べ物「カレーやシチュー、おでん、鍋物」などがいいですね(*´ω`*)

 

今はスーパーに行けば「いつ行っても」多くの野菜が並んでいます。

それは本当に素晴らしいことなんですが、逆に

「季節感」

は無くなってしまいました(^_^;)

身体を冷やす性質の「夏野菜」がいつでも手に入るので、普段の食卓で摂取できてしまいます( ̄▽ ̄)ゞ

 

 

そしてあとは「自律神経」が関与してきます !Σ( ̄□ ̄;)

人間は昔から

「日が昇れば起きて仕事をし、日中動いて、日が沈めば家に帰り、寝る」

という暮らしを数千年してきました(* ̄∇ ̄*)

人間のライフスタイルが変わったのはここ30年~40年くらいではないでしょうか?(・_・;?

 

今は当たり前になった「24時間営業」のお店たち。

工場などの勤務の方や会社の経営方針で「夜勤」がある人も30年~40年前に比べると圧倒的に増えていますΣ(ノд<)

「昼・夜逆転の生活」

は人間本来の生活から逸脱していますから、「自律神経」のバランスが崩れます(×_×)

 

そういった意味では「冷え性の人は全て自律神経失調症」と書いてある本もありますΣ(゜Д゜)!!

そしてホルモンのバランスで非常に左右されます。

 

女性は月経があり、毎月ホルモンのバランスが違います(>_<)

基本的には25日~38日以内に月経がくれば「正常」とされていますが、生活が乱れ、食生活が乱れると自律神経のバランスも崩れ、結果月経不順になる方は多いです(´д`|||)

これも「冷え性」の原因のひとつです(。>д<)

 

まとめると

筋肉量

食べたもの

自律神経、ホルモンのバランス

の3つです(^^ゞ

 

 

今日は「冷え性」のついて書きました(*^^*)

冒頭にも書きましたが、

西洋医学では病気とはされていません。

東洋医学では「万病の元」として病症とされています。

「冷え」には「お灸」がとても有効です(*´ω`*)

 

もうそろそろ終わらないと、なが~~~い文章になってしまうので…( ̄▽ ̄;)

「じゃ、どうしたら冷え性は改善されるの?( ・◇・)?」

ということを明日書きたいと思います(^o^)v

 

では寒いので風邪を引かないように気をつけてくださいね(*^^*)

長谷川 敬祐

No66,勉強会<美容鍼灸>(*^^*)

今朝は予報通り少し寒かったですね(><)

自転車で風を切れば少し寒いですが、日差しが気持ちよく、これくらいの気候も好きです(*´ω`*)

信号待ちなどの時に目をつむり

「ぼ~」っとしています(* ̄∇ ̄*)

 

 

 

先日の日曜日は鍼灸の母校

「神戸東洋医療学院」

で勉強会が開かれたので、参加してきました♪

トレーナーの世界であっても、鍼灸の世界であっても、医療の世界は常に進化しているので勉強は必要となります(^^)d

 

私たちは医療にかかわらず、資格を取るために学校や講習を受けます。

そして資格を取得します(^^)v

しかし、それはあくまで

「その仕事ができますよ」

「その仕事をしてもいいですよ」

というものに過ぎません(>_<”)

学校で習うことは必要最低限のことです。

いざ身体を診ようと思っても「学校を卒業しただけの知識や経験」では役に立ちませんΣ(-∀-;)

 

現場に出て、色々なことを経験し、勉強会などでより知識や技術を学んでいきます。

 

今回の勉強会は「神戸東洋医療学院」が主催したものだったのでそれなりに大掛かりでした( ̄∇ ̄*)ゞ

P1010623これが資料です。

今回のテーマは

「美容鍼灸」

でした(*^^*)

「美容」ということだったので、参加者の8割が女性でした(* ̄∇ ̄*)

 

天津(てんしん)中医薬大学講師 医学博士

楊帆(ようほ)先生

をお招きしての勉強会でした(^^)v

P1010619参加者は30名ほどいましたが、ほとんどの人が中国語なんて分かりません(  ̄▽ ̄)

学校で中国語のわかる先生が通訳をしてくれていました(*^^*ゞ

最初の講義では「ニキビや吹き出物、しみ」などがなぜできるのか?

という内容でしたp(^^)q

そこが分からないとアプローチが出来ないので1時間くらいの講義でした♪

 

「顔」のこと、とくに美容に関してはそこまで勉強したことがなかったので、内容は面白かったです(*´ω`*)

楊帆先生が口をすっぱくして言っていたのが

 

「外からの治療だけではダメ!漢方などを飲んで内からも治療しないと絶対治らない」

です( ̄□ ̄;)!!

なぜ「ニキビ」ができるか?肌のトラブルは8割以上が

「食べ物」

が原因です!Σ(×_×;)

食生活の乱れ、特に海産物や牛肉は「ニキビ」などにはあまり良くないと言っていましたね(^^ゞ

 

あとは「出来る場所」で原因が変わります(ほほ、あご、おでこ など)

詳しく書くとむつかし~~い話しになるので、やめておきます( ̄▽ ̄;)

 

講義のあとは実技です(^^)d

実技といっても先生が実際にやるのを回りで見るだけなのですが…

P1010620こんな感じでカメラで撮り、前のスクリーンで見れるように配慮してくれていました(^^)v

使うものは

「火鍼」<かしん>

といって、「火」で熱した「鍼」を使用しますΣ(゜Д゜)!

P1010626これは私が持っている「火鍼」です。

これは筋肉や関節に使用するタイプのもので、顔にはできません(^_^;)

手前にある細い鍼が通常使う「鍼」です。

奥にあるのが「火鍼」です。

こんな感じで熱してから使います( *・ω・)

これでニキビの中にある「膿」を出すのです(* ̄∇ ̄)

 

日本で主流な美容鍼は

「細く、短い」ものを使用します(*^^*)

私がやっている美容鍼はそのタイプです♪

今回学んだ「火鍼」を使うタイプは、それなりに練習をしないと難しい技術です(^_^;)

 

そして後半は「刮痧」<かっさ>を使用した「美容」に対するアプローチでしたo(^o^)o

P1010627これは私が使用している「刮痧」です。

この「刮痧」は水牛の角を加工したものです(^^)v

その他には「鼈甲」<べっこう>や「翡翠」<ひすい>を加工したものがあります(美容にはこっちのほうが適しているみたいです)

 

「刮痧」は中国で古くからおこなわれている民間療法のひとつですp(^^)q

これで身体を「さすり」ます♪

「刮」も「痧」も漢字の意味は「けずる」です。

「さする」「けずる」で身体にアプローチします(*^^*)

P1010621これは先生が被験者を使って実技をしているところです。

ほとんどのみなさんがスマホで録画していました(* ̄∇ ̄*)

 

女性はお化粧をしていますが、興味がある人はお化粧を落として被験者になっていました(*^^*ゞ

多くの勉強会では男性が被験者になることが多いのですが、今回は「美容」がテーマだったので女性も被験者になっていました( 〃▽〃)

(被験者は<だれか受けてみたい人?>と聞かれて、挙手して決まります)

 

 

今回の勉強会では

「火鍼」を顔に使うこと

ニキビなどができる原因

が分かったので大変参考になりました(*´ω`*)

 

 

そして久しぶりに学校に行ったので、友人に会いました(といっても年齢は20歳くらい年上ですが)

その友人から

「毎日ブログ読んでるよ」

と言われて嬉しかったですね(≧∇≦)

 

これからも面白く、時には役に立つ、人に話したくなるような?(笑)そんなブログにしていきたいですo(^o^)o

長谷川 敬祐

No65,買い物in京橋(^o^)v

昨日の夜は突然の雨でしたねΣ(゜Д゜)!

天気予報をまったく見ていなかったのでビックリしました(^^ゞ

雨上がりということもあって、今朝は湿気が多く自転車で通勤すると久しぶりに汗をかきました(  ̄▽ ̄)

 

一回寒くなったのに、先週に続いて今日も暑いですよね?(^^;

なにやら明日はまた寒くなるみたいですが…Σ(ノд<)

早いもので今週で10月も終わりです(* ̄ー ̄)

まだまだ「秋」を楽しみたいですね(*^^*)

 

 

 

先週の土曜日、PUMAの「ファミリーセール」に行ってきました♪

年に1回、このシーズンにあります(^^)v

今年は10月25日、26日の2日間で行われましたo(^o^)o

場所は大阪の京橋です。

 

P1010616こんな感じで多くの方が来られていました( 〃▽〃)

ここにいるみなさんはどうやってここに来ているのでしょう?( ・◇・)?

 

ここに入るためには「参加証」が必要で、PUMAから「ハガキ」が届きます (^^)d

このハガキが無いと入場することができません(>_<)

1枚のハガキで2名まで入ることができます(*^^*)

 

私は昨年、桃山学院大学のトレーナーをしているときにPUMAと契約した選手がいました♪

その契約した選手には数枚のハガキが送られてきますp(^^)q

ほとんどはチームメイトに渡しますが、その1枚を私にくれました(*´ω`*)

 

商品のほとんどが定価の3割~5割で売られています(≧▽≦)

置いてある商品は

カバン

ジャージ類

パーカー

ベンチコート

シューズ

などです(*^^*)

カバンなどは3000円~5000円くらいですかね?(^^)

 

服も2000円~ありますし、冬のスポーツ現場で着用する「ベンチコート」は普通のショップで購入するなら12000円~15000円はしそうな大きく温かそうなものが「7000円」で販売されていました!( ; ゜Д゜)

シューズもだいたいが3000円~5000円くらいです( 〃▽〃)

 

種類も多く、「メンズ」「レディース」「キッズ」に分けられています(^^)d

土曜日の仕事が終わってから行ったので、商品が置いてあるワゴンのなかは「ぐちゃぐちゃ」でした( ̄▽ ̄;)

 

大学生のような若い男性や女性、子供連れの家族など…

本当に多くの方が来られます(^o^)v

 

私が昨年行った時は

カバン2つ(日頃使うもの、旅行等用の大きなもの)

服2つ(パーカーと、それより少し大きなもの)

シューズ(普段履くスニーカー)

の合計5つの品を購入しました(* ̄∇ ̄*)

5つ買いましたが、20000円でお釣りがきた覚えがあります(*^^*ゞ

旅行カバンは普通に考えれば8000円~10000円はしそうですが、5000円で購入しました(〃ω〃)

 

P1010622昨年購入したうちの2つです♪

カバン3000円

パーカー3000円

です(*´ω`*)

2つとも重宝していますo(^o^)o

 

 

このファミリーセールに1度でも行くと、毎年ハガキを送ってくれます( 〃▽〃)

住所を登録するだけでいいので、今年は彼女と一緒に行ったので彼女も登録していました♪

 

今年はそんなに欲しいものが無かったので、結局なにも買わず…(  ̄▽ ̄)

来年もまた行こうと思うので、来年は何か買おうかな(^^)v

 

そのまま京橋の街をブラブラして食事にしました (^^)d

久しぶりに居酒屋に行って飲みました。

 

彼女はあまり飲めませんが、私はお酒が好きです(* ̄∇ ̄*)

ビール、焼酎、ワイン、カクテル、ウイスキーなどなんでも飲めます(日本酒は悪酔いするのであまり飲みませんが(^_^;))

好きなんですが、今年の春くらいから平日ほぼ飲まなくなったので弱くなった気がします(><)

平日はほとんど飲みませんし、週末の彼女との食事も基本「車」なので飲みません (@_@;)

土曜日にビール350mlを1つ飲むくらいになりました(^^ゞ

 

なので、彼女との食事で「お酒が飲める」というのは久しぶりで嬉しかったですね(*^^*)

「どこで食べよう~( ・◇・)? 」

と色々話しながら偶然入ったお店は

「海鮮料理専門店」でした♪♪

お刺身や貝料理、その他も本当に美味しかったです(≧∇≦)

 

土曜日はこんな感じで楽しく過ごせました(*´ω`*)

やっぱり少し出かけていつもと違う場所で遊び、食事をするのも良いもんですねp(^^)q

 

 

そして日曜は「鍼灸」の勉強会があったので久しぶりに神戸にある鍼灸の母校「神戸東洋医療学院」に行ってきました♪

このお話しはまた明日書きますね (^^)d

 

では10月最後の1週間を楽しく過ごしていきましょう(*^^*)

長谷川 敬祐

No64,身体を柔らかくするⅡp(^^)q

昨日は久しぶりにエミナースにあるお風呂に行ってきました(^o^)v

少し寒いときの露天風呂はやはり気持ち良いですよね(*´ω`*)

 

 

 

昨日のブログで「ストレッチ」について書きました♪

でも読んでくれた方の中には

「書いていたポイントに注意しながらやってるけどな~( ・◇・)」

「でも柔らかくならない…(´д`|||)」

という方もいらっしゃるかもしれません(^^ゞ

 

では今日はもう少し細かくみていきましょう(*^^*)

 

一般的にはストレッチを続けていけば少しずつ柔らかくなってきます(^^)d

それでもなかなか柔らかくならない…(>_<)

 

まぁ「何をもって柔らかい」とするか…ですが( ̄▽ ̄;)

 

では一番分かりやすい例で

「前屈」

で考えてみましょう(^^)v

 

前屈はどこを伸ばしているストレッチなのでしょう?( *・ω・)?

 

普通に考えれば「ハムストリング<太ももの裏の筋肉>」です♪

「立位」の状態でも「座位」の状態でも「ハムストリング」は伸びます(厳密にいうと多少違うのですが…)

では前屈をしているときはどんな体勢でしょう?(。・ω・。)?

おそらくこんな感じではないでしょうか?(この絵は硬そうですが…(^^;)

たしかにこの体勢でハムストリングは伸びますが、よく見ると

「腰」も曲がっていますp(^^)q

つまり「前屈」を柔らかくしようとすると「ハムストリング」だけではダメなんですねΣ( ̄ロ ̄lll)

 

腰は脊柱<せきちゅう>の腰椎<ようつい>にあたります(^^)d

脊柱は

頸椎<けいつい>7個

胸椎<きょうつい>12個

腰椎<ようつい>5

で構成されています。

その下に

仙骨<せんこつ>

尾骨<びこつ>

があります。

このひとつひとつの骨を「椎骨<ついこつ>」といい、その間の関節を「椎間関節<ついかん かんせつ>といいます。

 

「関節」というくらいだから、このひとつひとつが「動き」ます(* ̄∇ ̄)

この2人はちがう人ですが、どちらが柔らかいかは一目瞭然です(*^^*ゞ

右の人は「腰」(股関節)から折れ曲がっています♪

 

つまり

前屈を柔らかくするには「ハムストリング」だけでなく、「腰椎」も、もっというと骨盤周辺(股関節を含む)が柔らかくないとダメなんですね。

 

骨盤周辺には

大腰筋(だいようきん)

腸骨筋(ちょうこつきん)  →この2つを合わせて「腸腰筋(ちょうようきん)」といいます。

大腿直筋(だいたいちょっきん)

中殿筋(ちゅうでんきん)

大殿筋(だいでんきん)

大腿筋膜腸筋(だいたいきんまくちょうきん)

などが大きく、主な筋肉です(^^)d

(本当はもっと細かく、いっぱいありますが)

 

これらは「骨盤周辺」の筋肉です。

ほとんどは骨盤から始まっていますが、「大腰筋」は「腰椎」から始まっています( ̄□ ̄;)!!

「前屈」というひとつのストレッチですが、柔らかくしようと思うと

これらの筋肉すべてが関与するので、理想をいえば先ほど挙げた筋肉すべてを伸ばす必要がありますΣ(-∀-;)

そして「腰椎」も動かす必要があります(@ ̄□ ̄@;)!!

 

 

ストレッチを継続してもなかなか柔らかくならない方は、骨盤周辺から見直す必要があります!Σ(×_×;)

 

こればっかりは専門家が指導しないと分からないと思います(>_<”)

文章では伝えきれないですし、ご本人が骨盤周辺の「どの筋肉」が硬いか見分けないといけませんから。

 

 

そして「筋肉」の「質」も関係しますΣ(゜Д゜)!

「硬い筋肉」か「柔らかい筋肉」か

ということです(*_*)

(しっかりと見極めるには病院などで検査が必要ですが)

 

私は2万人以上の身体を触ってきましたから、筋肉を触るとだいたいのことは分かります(* ̄∇ ̄*)

「質」はご本人の持って生まれた素質で、なおかつ環境や食生活に起因するので改善するのは困難ですが…

 

 

 

昨日ストレッチには2種類あり、

「スタティックストレッチ」と「バリスティックストレッチ」があると書きました(*^^*)

この「スタティックストレッチ」をさらに分けると

 

セルフストレッチ(自分ひとりでおこなうストレッチ)

ペアストレッチもしくはパートナーストレッチ(2人で行うストレッチ)

がありますo(^o^)o

 

これにはお互いメリット・デメリットがあります( ̄▽ ̄)ゞ

<セルフストレッチ>

メリット   相手がいらない。自分で出来る。自分で気持ち良さをコントロールできる。

デメリット  伸ばしにくい筋肉を伸ばせない。完全な脱力ができない。

 

<ペアストレッチ>

メリット   自分ひとりでは伸ばせない筋肉を伸ばせる。相手に任せて脱力することができる。

デメリット  相手がいないとできない。自分でコントロールできないから下手すると筋肉を痛めてしまう。

 

これらがあげられます(^^)v

特にペアストレッチでは学生などが面白半分に強く伸ばしてしまい、筋肉を痛めてしまう…といものを何回も見てきました(^^;

ペアストレッチをちゃんとやろうとすると、それなりの知識と技術が必要です(^^ゞ

 

以前少し流行った「ラブストレッチ?」でしたっけ?( ・◇・)?

ご夫婦やカップルでやる分にはお互いのことを考えながら無理はしないと思うので「有り」だと思いますが、それが「柔らかくなる」ところまでいくかどうかはわかりません( ̄ω ̄;)

 

 

いかがでしょうか?(^o^)

昨日に続いて「ストレッチ」のことを少し細かく書きましたが、なんとなくで良いので分かって頂けたでしょうか?( ̄▽ ̄)

 

分からないことがあればいつでもご連絡ください(*´ω`*)

ではみなさん良い週末をo(^o^)o

長谷川 敬祐

No63,身体を柔らかくするo(^o^)o

今朝も寒かったですよね!Σ(×_×;)

日中は温かいですが、朝晩は冷えます(>_<)

朝晩と日中では気温差が10℃くらいあるので、服装に困ります(^_^;)

 

 

 

昨日友人から

「身体が硬いからどうやったら柔らかくなる?( ・◇・)?」

「ストレッチはしてるんやけど…( ̄▽ ̄;)」

という質問をもらいました(*^^*)

 

ということで今日はそのあたりのお話しを♪

(ちょっと長くなります(^^ゞ)

 

 

身体が硬い→柔らかくしたい→ストレッチする

というのはみなさん一度は経験されたことがあるのではないでしょうか?(^^)v

 

ストレッチには大きく分けて2種類ありますp(^^)q

 

スタティックストレッチ(静的ストレッチ)

バリスティックストレッチ(動的ストレッチ)

 

スタティックストレッチとは一般的に知られているストレッチのことです(^o^)v

反動を使わず、30秒ほどかけて

「じわ~」っと伸ばします(*^^*)

 

バリスティックストレッチとはサッカーのブラジル体操やラジオ体操のようなストレッチです♪

反動を使い、筋肉を柔らかくするよりも「関節」を柔らかくし、可動域を広げる目的があります (^^)d

 

身体の柔軟性を決める要素は

「関節包」   47%

「筋肉・筋膜」 41%

「腱」      10%

「皮膚」     2%

と言われています。

 

術後やケガなど、何らかの理由で「関節包」が硬くなっている場合は、私たち専門家が手技によってアプローチしないといけません(>_<)

しかし、多くの場合は「スタティックストレッチ」と「バリスティックストレッチ」で柔らかくなります(*´ω`*)

 

 

ではまず根本的なことから考えていきましょう♪

「なぜ身体(筋肉)は硬くなるのか?」です(* ̄∇ ̄)ノ

(関節包が硬くなる原因は様々あるので、ここでは書ききれません(^^;)

 

ものすご~~~~く簡単に説明すると

「酸素不足で筋肉は硬くなる」

です(  ̄▽ ̄)

 

もう少し詳しく書くと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思ったのですが

<カルシウムイオンやアクチン、ミオシン、筋小胞体、ATP、ADP、ゴルジ腱器官、筋紡錘、腱紡錘…>

などがどうしても必要で難しい文章になってしまいます(>_<”)

 

なので…

 

 

 

筋肉を使う→縮む→緩めたいが酸素が上手く回らず、緩まない→縮んだまま…

縮んだままでは血管が圧迫される→圧迫された血管は「痛み」として認識される

痛みと感じる部分は無意識に動かさなくなる→動かさない→血行不良→酸欠→筋肉は緩まない…

結果 →  悪循環

 

ということになります(専門用語を使わず説明するにはこれが限界です(´;ω;`))

 

この悪循環と断ち切るためには

筋肉を伸ばして血管へのストレスを軽減させて、酸素を多く巡らせてあげる

必要があります(^^)d

 

 

なんとなくで良いので「硬くなる仕組み」が分かって頂けたでしょうか(* ̄∇ ̄*)

 

では次にストレッチをする際のポイントです♪

「大きい筋肉は30秒くらいかけて伸ばす」

「呼吸を止めない」

「伸ばしている筋肉を意識する」

 

そしてなにより

「痛い!と思うまでやらない」

これは重要です( *・ω・)

 

筋肉を「伸ばし過ぎる」と「痛い!」と感じます(>_<)

この時「伸張反射」という身体の反射が起きます(一種の防御反応です)

伸張反射が起きると筋肉は「縮み」ます( ̄□ ̄;)

 

だから

「急激に」

「強く」

「痛みを感じるまで」

やることはダメです (。・ω・。)

 

身体が温まっている時(お風呂上がりなど)に行うのは効果的です(*´ω`*)

ただ…1~2週間、週に3回くらい、1回に伸ばすのは10秒ほど…

 

これではあまり改善はみられません(@_@;)

 

個人差はもちろんありますが、人間は変化するのに「約3週間必要」と言われています ( ̄0 ̄;

そして基本「毎日」が理想ですΣ(-∀-;)

 

 

とはいうものの…そうなかなか出来ないのもよくある話しです(* ̄∇ ̄*)

 

私はストレッチ指導するとき、よほどでない限り

「3つまで」

にしています(*^^*)

(別に個人でメニューを組んでる、リハビリでストレッチが必要 なときは別です)

 

なぜならこれ以上多いと「時間」がかかり、いつしか「めんどくさい」となってしまうからです(  ̄▽ ̄)

 

3つくらいならばお風呂上がりや寝る前の布団の上で、2~3分ほどで終わります(^^)v

これくらいならば続けれるでしょうp(^^)q

 

3つですから、最低限必要なことしか指導しません( 〃▽〃)

欲張って多く指導すると「めんどくさく」なり、「やらなくなる」という元も子もない状態になってしまいます( ̄▽ ̄;)

 

そして「やる時間を決めること」です(*^^*)

普段の生活でも朝起きる→トイレや洗顔、歯を磨く、女性ならお化粧…など自分の「ルーティン」が決まっていると思います♪

 

それを「お風呂から上がって」から「寝るまで」のどこかでストレッチをする時間を3分くらいで良いので作ります(^^)d

慣れてくるまでしんどいかもしれませんが、慣れてくれば「苦」ではなくなります(*^^*ゞ

 

 

あと少しだけ…

 

巷のうわさで「酢を飲んだら柔らかくなる」

とありますが、これは信憑性にかけます( ̄▽ ̄)ゞ

 

たしかに「お酢」には「クエン酸」が含まれており<疲労回復>にはとても良いものです(^o^)

身体にある疲労物質を除去してくれる作用もあります♪

 

しかし、それで「筋肉が柔らかくなる」とはなりません(^^;

料理なので「酢」を使い、魚などが柔らかくなりますから…おそらくそこからきた「うわさ」でしょうΣ(-∀-;)

 

 

 

筋トレもそうですが、ストレッチも「継続は力なり」の代表みたいなものです。

(長い年月をかけて硬くなったものを柔らかくするには「時間」がかかります)

 

いくらストレッチをしても改善しない方はご相談ください(*^^*)

もしかしたら「関節包」が硬くなっているかもしれませんし、

スタティックストレッチよりもバリスティックストレッチをしたほうが良いかもしれませんp(^^)q

 

ではまたご質問があればお気軽にお尋ねください(*´ω`*)

長谷川 敬祐

No62,保険( ̄∇ ̄*)ゞ

今日は久しぶりに太陽が顔を出してくれましたね(*^^*)

昨日の夜は急に冷え込み、寒かったです(><)

やはり天気予報士さんが

「この時期は雨が上がると気温が下がる」

と言っていましたが、その通りになりました(  ̄▽ ̄)

 

 

 

私の友人から

「なんでここは保険がきかへんの?」

と言われたことがあります(^^ゞ

 

ホームページの「良くあるQ&A]にも書いてありますが、少し詳しく書かせていただきます(^^)v

 

鍼灸院の場合「保険」適応される疾患は決まっています。

 

 

 

 

<健康保険で受けられますか?>

次の病気については鍼灸で健康保険がうけられます。

神経痛…例えば坐骨神経痛など。

リウマチ…急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。

腰痛症 …慢性の腰痛、ギックリ腰など。

五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。

頚腕症候群…頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。

頚椎捻挫後遺症…頚の外傷、むちうち症など。

その他これらに類似する疾患など。

 

 

<患者さんの保険取り扱い手続きは次の手順で行って下さい>

先ず、これからかかろうとする鍼灸院にお問い合わせ下さい。

その鍼灸院へ「同意書」と云う用紙をもらいに行って下さい。

同意書を、日頃治療を受けておられる医院、病院等に持参されて必要事項を記入して戴いてください。なお、同意書の代わりに、病名、症状及び発病年月日が明記され鍼灸の治療が適当であると判断できる診断書でも結構です。

記入済みの同意書、保険証と印鑑を鍼灸院に持参して頂ければその後の手続きは、鍼灸院で行います。

 

 

<注意事項>

鍼灸の保険適用につきましては、次ぎの事項にご留意下さい。

その病気は、先に医師の治療を受けていること。

保険で鍼灸を受けている期間、その病気についてのみ医院、病院にかかれません。他の病気の治療は受けられます。

同意書を書いて頂く医師は日頃かかりつけの先生がよいです。

最初に医師の同意を受けてから、それ以後は、3ヶ月毎に再度、同意が必要です。
但し、再度の同意は同意書に記入してもらう必要は無く口頭で結構です。

保険の種類によっては、取り扱いが出来なかったり、患者さん本人が手続きをしなければならないものもありますので鍼灸院にお問い合わせ下さい。

 

 

 

これは日本鍼灸師会のホームページから引用したものです♪

つまり上記されている疾患に対して「保険」適応となります(^^)d

 

ちなみに接骨院、整骨院さんの保険は「急性外傷」のみ保険適応です。

「急性外傷」とは…「捻挫」 「打撲」 「挫傷」などです(肉離れも含まれます)

「骨折」や「脱臼」も適応ですが、ドクターの同意がいります(^^ゞ

 

肩コリや慢性腰痛、腱鞘炎などの「使い痛み」、加齢にともなう膝痛、ジョギングをしていての膝痛など…

「慢性疾患」は「急性外傷」ではないので「保険適応外」です(>_<)

 

その点、鍼灸の保険は「慢性疾患」にも適応されますが、

「ドクターの同意書」が必要になります(。・ω・。)

 

接骨院などは「骨折」「脱臼」を除けば「ドクターの同意」はいりません。

「委任払い」

ということになります(  ̄▽ ̄)

 

 

記載されていますが、同じ疾患は「鍼灸院」と「病院」の2か所で保険は使えません( ̄□ ̄;)!!

どちらか一方になります(>_<)

 

つまり整形外科で「ギックリ腰」も診てもらい(保険を使います)、そこのドクターに

「鍼灸院でギックリ腰を診てもらいたいから<同意書>を書いてほしい」

と頼み、書いてもらったとします。

 

そうすると、その疾患(今回でいうとギックリ腰)は「病院」で診てもらうことはできなくなります(@_@;)

(その他の疾患は大丈夫です♪)

疾患1部位に対して、保険は1か所のみです(* ̄ー ̄)

 

 

そしてその「同意書」の効果は

「3カ月」しか効果がありません(。>д<)

3カ月がたつとその都度ドクターに「同意書」を書いてもらうか、口頭で許可をもらわないといけません(^_^;)

 

これらはすべて「患者さん」自ら行うことですΣ(-∀-;)

 

 

これらももちろん「保険を使わない理由」ですが、一番の理由は

時間をかけても改善したい

からです(*´ω`*)

鍼灸の保険適応疾患は決まっていますし、例えば「膝の痛み」が「骨盤のゆがみからきている」ならそれは「保険適応外」になります!Σ(×_×;)

 

私は改善点が分かるまで「トコトン」その疾患に向き合いたいと思っていますp(^^)q

それには時間がかかることもあります( ̄▽ ̄;)

 

それは二の次なんです♪

まずは「治すこと」

「原因をはっきりさせること」

が重要です(*^^*)

 

それが分からないと「どのようにアプローチして良いか」が分かりません(>_<)

 

その他にも「理由」はありますが、ここでは詳しく書けません( ̄▽ ̄)ゞ笑

 

来店されるお客様にとって一番良いことをしたい!

 

それが私がここをオープンした1つの理由です(^o^)v

 

実費治療になるとお客様のご負担が増えるのは重々承知していますが、このような理由で

保険を使っていないのです(^^)

 

 

今日から週末は晴れの天気が続くみたいです( 〃▽〃)

「秋」を満喫しましょう(*´ω`*)

長谷川 敬祐

No61競技によって違う( ・∇・)

今日も曇り空ですね~( ̄~ ̄)

そして今日は少し寒いです(>_<)

寒くなってくると恋しくなるのが

「温泉」

ですね~(* ̄∇ ̄*)

日帰り温泉でもいいし、スーパー銭湯でもいいし…行きたいですね(*´ω`*)

 

 

さて、最近のブログで

「なんでそんなに色んなスポーツに詳しいの?」

「トレーナーって色んなスポーツのことも勉強するの?」

と友人から質問されました(*´ω`*)

 

私たちトレーナーは

「そのスポーツで多いケガ」は勉強しますが、

「そのスポーツのルール」までは勉強しません(^^;

 

ほとんどのトレーナーは学生時代になんらかのスポーツを経験しています♪

多くの場合、その競技を

「自分の専門競技」としますp(^^)q

私なら「サッカー」になります(^^)v

 

それならばルールも詳しく知っていますし、「どんな身体の使い方をすればいいのか」もわかりますo(^o^)o

しかし自分の専門競技のトレーナーが出来るとは限りません (。・ω・。)

私の場合、最初についたトレーナーの競技は

「バスケット」でした♪

バスケットに関しては「スラムダンク」で知ってるくらいで、あとは学校の「体育」で経験したくらいです(^^ゞ

簡単なルールしか分かりません(><)

 

先輩トレーナーに色々聞いていました(*^^*ゞ

次に関わったトレーナーが「桃山学院大学 体育会」でした( 〃▽〃)

ここは「チーム」につくのではなく、「体育会」につくのであらゆる競技の選手がきます♪

 

アメフト、アーチェリー、アイスホッケー、合気道、弓道、剣道、空手、少林寺拳法、サッカー、バスケット、ハンドボール、ラグビー、レスリング、野球、バレーボール、テニス、チアリーダー、水泳、ボクシング、柔道、陸上、ラクロス…

 

まだあったかもしれませんが、今思いつくだけでこれだけの競技の選手を診たことがあります(* ̄∇ ̄*)

まぁこれだけの競技がありますが、そのほとんどは「身体のケア」や「リハビリ」「競技力向上のトレーニング」に来るので、試合に帯同したことはありません。

ただ「ラグビー」と「ハンドボール」に関してはチームから帯同依頼があったので試合に行っていました(^^)v

私は「ラグビー」の担当でしたp(^^)q

 

ルールなんてもちろんわからず、

「ボールを前に投げてはダメ」

ぐらいしか分かっていませんでした( ̄▽ ̄;)

当時はまだ「アスレティックトレーナー」の資格も持っていませんでしたから(鍼灸は持っていました)ケガが起こると

「どーしたらええんねん(@ ̄□ ̄@;)!!」

と思っていましたが、トレーナーは私ひとり…(T^T)

あとは実習生がひとりいましたが、実習生ですから…

当然選手のみんなは「私」を頼ってきます(>_<)

「ルール」も分からず、「応急処置」に対しても勉強はしていても「いざ実践」となれば…

あの時の選手には迷惑をかけていたと思います( ̄ω ̄;)

 

その実習生が「ラグビー経験者」だったので、「ルール」は彼に教えてもらい、ポジションなどすべてメモにとりました(* ̄∇ ̄)

冬になると「大学ラグビー」のAリーグがTVで中継されます。

(早稲田vs帝京などです)

これらを録画して勉強した記憶があります(* ̄∇ ̄*)

 

ラグビーのルールで一番驚いたのが、

「ケガ人がもし出たら、トレーナーは勝手にコートに入って処置をしたらいい」

というものです(゜ロ゜)

ほとんどの競技は「審判が認めない」とコートには入れません。

しかし、ラグビーはケガ人が出て「動けない選手」がいて、なかなかトレーナーがコートに入らないと

「ほら!早く入って!!」

と催促されます( ̄□ ̄;)!!

 

あまりに重症だと「レフリーストップ」で試合を止めます。

テーピングなどの処置はコートから出ないといけません(^^ゞ

 

 

私はずっとサッカーをしていたので、サッカーは審判が認めない限り選手以外の人間はピッチに入ることができません。

ラグビーは勝手に入っていいのです(  ̄▽ ̄)

 

このギャップに最初は戸惑いましたね(^_^;)

ラグビーの試合帯同は3年間だけでしたが、おかげで「首から下のケガ」にビビらなくなりました(* ̄∇ ̄)ノ

「脳震盪」や「首」のケガは命に関わることがあるので、今でも少しビビりますが…

首から下のケガは冷静に対処できるようになりました(*^^*)

 

 

その他の競技の試合帯同はありませんでしたが、プライベートでよく見に行きました♪

そこでルールも覚えました(^^)d

 

仕事上の関係もあると思いますが、試合を見に行くと自然とルールも覚えます(^^)v

 

最近では「騎手」の方を診るようになった時、毎週日曜日の競馬番組を録画して「姿勢」や「どこが一番しんどくなる」かを研究したり、開業してからは「競輪」選手が来てくれているので、同じように映像を見て研究しています(*´ω`*)

自分が1回でも関わったことのある選手には良い結果を出してほしいと思いますo(^o^)o

そのためにはまず「自分がその競技について知る」必要があります(^^)v

 

そんな感じで大学のトレーナーをしていた時は、知らないことがあると選手に聞きまくっていました(*^^*ゞ

「身体の使い方」は私の方が詳しいでしょうが、その「競技での特殊な動かし方」はその競技をしている人が詳しいに決まっていますp(^^)q

それを聞いて、専門の私の方から動きの提案や動作の改善をします(*´ω`*)

これからも未知な競技に関わることはたくさんあるでしょう(  ̄▽ ̄)

そのひとつひとつが勉強です(^o^)

長谷川 敬祐

No60,アメリカンフットボール(^o^)v

今日は朝から夕方くらいまでは晴れていても、夜は「雨」みたいですね(´д`|||)

そして明日も雨…

秋は雨が降ると気温が下がるみたいです(>_<)

今がちょうど「季節の変わり目」でしょうね(^^ゞ

体調管理は難しいかもしれませんが、気をつけましょう♪♪

 

 

 

先日の日曜日は今年春までトレーナーをしていた桃山学院大学アメリカンフットボールの試合を見に行ってきましたp(^^)q

2部リーグに所属し、毎年1部への入れ替え戦に行けるかどうか…

というところです(*^^*)

いつも良いところまでは行くのですが…

P1010605ここは神戸市にある「王子スタジアム」です♪すぐ横に「王子動物公園」があります (^^)d

快晴で気持ち良かったですね(≧∇≦)

となりの動物園には子供連れのファミリーが大勢いました(*´ω`*)

P1010607P1010608

 

日本ではあまりメジャーなスポーツではないので、あまりルールも知られていないのかもしれませんね(^^ゞ

(私も簡単な基本ルールしか知りませんが…( ̄▽ ̄;))

 

野球のように「攻撃」と「守備」に分けられています♪

野球は「9人」で攻守ともに行いますが、アメフトは「攻撃」と「守備」では選手が変わります(。・ω・。)

(たまに両方する選手もいますが)

人数は11vs11で行いますp(^^)q

チームは攻撃用選手11人、守備用選手11人、合計22人の選手が必要となります(攻守とも同じ選手が行えば11人いれば試合はできるかもしれませんが、それは難しいでしょうね(><))

時間は各カテゴリーによって違いますが、大学リーグは12分×4クォーターなので48分の試合時間です。

が…

アメフトは毎回毎回「セットプレー」で始まります。なので、1試合が終わるには2時間ほどかかります( ̄▽ ̄)ゞ

 

サッカーやバスケットなら相手ゴールに決めれば点が入ります。

ラグビーは相手のインゴールと呼ばれるところに「トライ」すれば点が入ります。

アメフトは相手のエンドゾーンにボールを持って入れば「タッチダウン」といって点が入ります。

 

そしてアメフトは「陣取り合戦」みたいなものです(^^)v

このような感じで「10ヤード」ごとにラインが引いてあります♪

攻撃側は最初に「4回」の攻撃権を得れます(^o^)v

この4回の攻撃中に「10ヤード」進めないといけません。

「10ヤード」進むことが出来たらまた「4回の攻撃権」が得れます(*^^*)

この繰り返しでボールを進めてタッチダウンを狙いますp(^^)q

 

4回の攻撃中に「10ヤード」進められなかったら「攻守交代」です。

攻撃の起点となるのは「QB=クォーターバック」と呼ばれる野球でいう「ピッチャー」みたいなポジションです( 〃▽〃)

このQBから「パスプレー」や「ランプレー」が始まります( *・ω・)

 

試合中はもちろん反則もあります。そんなときは審判が

「イエローフラッグ」

という黄色いタオルみたいなものをグランドに投げます( ・◇・)

見ていると

「あっ反則はあったんや」

とすぐにわかります(^^)v

P1010609見えますか?(^^ゞ

試合中は実況をアナウンスしてくれるので、何が起こっているかはすぐにわかります♪

なので、そこまでルールを知らなくても実況を聞いていればいいのです(* ̄∇ ̄*)

 

 

そしてアメフトは「ケガ」が多いスポーツです(@_@;)今回も担架で運ばれている選手がいました(×_×)

P1010610

 

実は私たち「現場のトレーナー」の発祥はこの「アメフト」なんです(*^^*)

捻挫や骨折などのケガは本当に多いですし、時には命に関わるケガもあります!Σ(×_×;)

 

1950年代、アメリカでアメフトの試合がありました。試合中にケガが起きます。

当時は現場に医療資格者はいませんから、大きなケガがおこれば「救急車」です。

そんなとき「ドクターに診せるまでに応急処置、救急処置ができる人間がスポーツ現場にいたら良いよな」

ということで私たち「アスレティックトレーナー」が誕生しました(*´ω`*)

 

日本にこの資格が誕生したのは1990年代初頭です(たしか1994年だったかな?)

日本には「プロ野球」で活躍している「鍼灸師」や「マッサージ師」「柔道整復師」がいました。

そこに「アスレティックトレーナー」の資格ができたので、ごちゃごちゃしてるんですね(^^ゞ

 

資格誕生20年くらいになりますが、いまだに「2500人前後」くらいしかいません(>_<)

私が取得した時は2000人もいませんでした(^^;

近年はだんだんと優しくなりましたが、それでも難しい資格には変わりありませんΣ(-∀-;)

 

話しが少し変な方向にいきましたね(^_^;)

まぁ、こんな感じでトレーナーはアメフトが発祥なんです(* ̄∇ ̄*)

 

 

話しを元に戻すと…

試合はここまでお互い全勝している「大阪教育大学」との試合でした(。・ω・。)

立ちあがり、桃山の最初の攻撃で見事なパスが通り開始数分で「タッチダウン」を奪いました(≧▽≦)

 

ちなみにタッチダウン1回で「6点」がはいり、そのあとのキックが決まると「1点」が追加されます。つまりタッチダウン&キックで「7点」がはいります(*^^*)

試合開始早々に点をとった桃山は危ない場面もなんどかありましたが、試合終盤に「フィールドゴール」と呼ばれるキック(これは3点はいります)が決まり、さらにタッチダウンを奪います( 〃▽〃)

 

結果、17-0で勝ちました(タッチダウン&キック2回、フィールドゴール1回)

リーグ戦は残り1試合です。

次に勝てば数年ぶりの1部への入れ替え戦に行くことができますo(^o^)o

P1010611少し見にくいですね( ̄▽ ̄;)

あとはまだサッカーとラグビーがリーグ中です♪アメフトもこのままいけば入れ替え戦に行ってくれるでしょう(^o^)v

楽しみがまだまだあります(〃ω〃)

 

みんなケガには気をつけて頑張ってねp(^^)q

長谷川 敬祐