No152,三角骨障害( ̄ω ̄;)

今日は「雨」ですね~

これが気温が下がると「雪」です(´д`|||)

雪じゃないだけマシですね(^^ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュースで

「J1横浜の中村 俊輔選手が左足関節手術のため開幕絶望!」

というのがやっていました( ̄□ ̄;)!!

 

中村選手の状態は、そのまま引用すると

「左足関節三角骨摘出術及び関節内遊離体摘出術」

というものです。

 

皆さんはあまり聞きなれない

「三角骨摘出」

を簡単に書いていきたいと思います( *・ω・)

 

 

これの正式名称は

「有痛性三角骨」

「三角骨症候群」

「有痛性三角骨障害」

などといいます。

 

本来足首には「足根骨(そっこんこつ)」と呼ばれる骨が「7つ」存在します (。・ω・。)

・踵骨(しょうこつ)

・距骨(きょこつ)

・舟状骨(しゅうじょうこつ)

・立方骨(りっぽうこつ)

・内側、中間、外側楔状骨(けつじょうこつ)

これで7つです♪

配置は

(この図では楔状骨が第1、2、3となっています)

 

この「距骨」の後方に稀に

「過剰骨」として存在するのが

「三角骨」

です(*_*)

 

つまり誰にでもあるわけではありません!

 

これは成長期に足関節を酷使(主に底屈動作というつま先を下げる動き)すると、出てきます(>_<)

「足関節 有痛性 三角骨」の画像検索結果

このレントゲン写真が分かりやすいと思います(*^^*)

矢印の部分が少し欠けているのが分かりますか?

 

本来はあそこに骨はありません(>_<)

サッカー選手やバレエの選手がよくなるケガです!Σ(×_×;)

 

おそらくですが、多くのサッカー選手はこの症状に悩まされていると思います(@_@;)

後方に過剰骨が出来ると

「三角骨障害」

前方は過剰骨ではなく、骨棘(こつきょく)という骨が尖ってくる症状の

「フットボーラーズアンクル」

という症状もあります。

「フットボーラーズアンクル」の画像検索結果

これはサッカー選手に多いので、この名前がつきました。

(野球肩・肘  テニス肘  ゴルフ肘などと同じです)

 

まぁ、それはおいといて…(^^;

 

 

三角骨は存在しても

「無痛」

であることが多いです♪

 

おそらくですが、小学校や中学校からサッカーをしている方なら半分くらいはあるのではないでしょうか?(・_・;?

(私も調べたらあるかもしれません)

 

これは、存在していても

「痛いときと痛くないとき」

があります(>_<)

 

中村選手もずーっと持っていて、症状が出たり出なかったりを繰り返していたのでしょう。

この症状は基本「保存療法」でまず進めます( *・ω・)

 

なぜなら手術をすると最低2~3カ月は復帰できないからですし

足関節の手術は予後があまりよくないことが多いです。

 

だから保存療法で進めるのです (。・ω・。)

 

 

 

 

保存療法で進めて、どうにもならなくなったときに手術にいたる…

これはスポーツ選手ではよくあることです(^^ゞ

 

複雑骨折や膝 前十字靱帯損傷など、あきらかに手術が必要なものは仕方ありませんが…

多くは「保存療法」ですp(^^)q

 

それは手術をすると筋力、体力、柔軟性など…全てのパフォーマンスが落ちるからです(。>д<)

 

だましだまし続ける…

といいますが、本当にそんな感じです(^_^;)

 

そしてシーズンが終わった時にゆっくり休めて、新しいシーズンで動けるようにします(^^)v

 

今回の中村選手は合宿中なのでしょうか?

もう合宿は終わっているのでしょうか?

それは分かりませんが…

 

合宿中で痛みが出だして、このままでは今シーズンを戦えない

と判断したのでしょう(>_<)

 

 

 

中村選手は元日本代表で、サッカーをしているものなら知らない人はいないのでは?

と思うくらいの素晴らしい選手です(≧∇≦)

フリーキックの名手としても有名です(*´ω`*)

 

無事に手術が終わり、しっかりとリハビリをやりとげ、再びピッチに帰ってきて欲しいですね(^o^)v

 

 

 

昨日の日中はすごくいいお天気でした♪

そして暖かかったですo(^o^)o

早くあんな日が毎日訪れたらなぁ~と思います(*´ω`*)

長谷川 敬祐

No151,小鳥カフェ(*^^*)

2月も中旬になり、早く暖かくなって欲しい毎日ですが…(^^;

今朝も出勤してきたら室温は5,2℃!!Σ( ̄□ ̄;)

日中は少しはマシになりますかね??( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

昨日は彼女と神戸にある

「とりみカフェ ポコの森」

という小鳥カフェに行ってきました(^^)v

 

阪急神戸線王子公園駅から徒歩5分ほどの所にあります♪

P1010837P1010836

 

私の彼女が「文鳥」が好きなもので…(* ̄∇ ̄*)

 

以前TVで放送されていて、一度行ってみたいな~と思っていました(^o^)v

神戸ならそんなに遠くないですし♪

ただ…休日は予約しないと入れないほどいっぱいでした(>_<)

座席数も4組しか入れないほどなので…

私は前日に予約して、なんとか入ることが出来ました(*^^*ゞ

 

13時からオープンですでに予約の方で満席です( *・ω・)

後から3組ほど来られましたが、残念ながら入れず…(*_*)

 

 

入ってみると…

「小鳥たち」でいっぱいです(*´ω`*)

P1010824P1010828

 

ほとんどの方がカメラを撮っていました(私もそのひとりです(^^ゞ笑)

そして驚くのが、その小鳥グッズの多さです!!

P1010826P1010829

 

インコや文鳥、雀グッズもありましたp(^^)q

 

そして何より驚いたのがこのT-シャツです(。・ω・。)

P1010830

 

文鳥がど正面に、どアップでプリントしてあります!

文鳥好きの彼女でも

「これを着る勇気はさすがにないな…」

と言っていました(* ̄∇ ̄*)

 

中はそんなに広くなく、小鳥たちもガラス越しに見ているだけです♪

触ったりできません(^^;

 

彼女が文鳥を飼っているので知っていますが、普通につっついたり、噛んできます( ̄▽ ̄;)

 

メニューも至って普通のカフェです♪

コーヒーや紅茶、スイーツ類、そして軽食です(^^)v

 

私はカレーを注文しました。

P1010833

 

鳥の顔になっています( 〃▽〃)

 

実はこのカレー以外にも

「牛スジ丼」

なるものがあったのですが、スジ肉が入手できなくて現在は作れないそうです(^^)d

 

軽食ではなく「ランチ」と考えると、やはりこのカレーしかありません(^^ゞ

 

私たちを含め、店内には10人がいましたが全員がこのカレーを注文していました(* ̄∇ ̄*)笑

 

 

数年前?からでしょうか?

○○カフェ

っていうのが流行っていますよね?( ・◇・)?

定番は

猫カフェ

でしょうか?(〃ω〃)

 

動物は好きなので猫カフェも一度行ってみたいですねp(^^)q

 

 

そして大阪のどこかにあるらしいのですが

「爬虫類カフェ」

があるそうです( *・ω・)

 

私は爬虫類が好きなので、ここも一度行ってみたいですね(*´ω`*)

 

 

 

 

そしてドライブなどをして夕食に

回転寿司

に行きましたが…

 

 

なぜ回転寿司はあれほど混んでいるのでしょう??(´-ω-`)

19時くらいにいったのもあると思いますが、すごい人です!!

 

カウンターでも待ち時間が45分!!Σ( ̄ロ ̄lll)

テーブル席なら1時間半~2時間待ち!!(@ ̄□ ̄@;)!!

 

まるでどこかのアトラクション並です…Σ(-∀-;)

 

私たちはお寿司が好きなので、よく食べに行きますが…

 

夕食で食べれたことがありません(^^;

 

 

必ず

「1時間以上待ち」

なのです(´д`|||)

 

なのでお寿司はお昼に食べています♪

お昼ならそこまで混んでいませんからね(^^)v

 

 

 

カウンターでも45分待ちなんて待ってられませんから、同じ敷地内にある

サイゼリア

に行きました(。・ω・。)

 

そこは待たずに入れました♪

 

そして少し驚いたことが…

 

19時過ぎ…

日曜のこの時間はまさに夕食時でしょう(^^)v

 

私たちは運よく待たずに入れましたが、少しあとの方たちは待っていました(>_<)

 

そんな夕食の混んでいる時間に…

 

 

4人掛けのテーブル席をひとりでなにやら勉強している若者がいるのです( ̄□ ̄;)!!

 

ドリンクバーがある、こういった店ではよくある光景ですが…

 

お昼過ぎ(14時くらい)や21時以降なら分かりますが、休日の夕食時で一番混むときに勉強…

もう少しモラルはないのかな~

と思いました ( ̄^ ̄)

 

空いているなら構わないかもしれませんが、待っている人が大勢いるのです(。>д<)

 

私も同じようにこういった店でドリンクバーだけで勉強したことがありますが、さすがにお昼や夕食などの混む時間は避けましたね!Σ(×_×;)

高校生なのか、大学生なのか分かりませんが、もう少し周りに気を使ってほしいと思います( ̄ω ̄;)

 

 

 

 

週間天気予報を見ると、今週も寒い日や雨の日があるみたいです( ̄▽ ̄;)

さすがに雪はもうないでしょうか??(^_^;)

 

では今週も楽しく過ごしましょう(*´ω`*)

長谷川 敬祐

No150,我勝道と凡事徹底(^o^)v

昨夜から今朝にかけてそれなりに雪が降っていたみたいですね(>_<)

車の雪かきをしないといけないほどでした(^^;

フロントガラスがガチガチに凍っていて、1回のお湯では溶けませんでした!Σ( ̄□ ̄;)

 

あそこまで凍ったのは初めてです!Σ(×_×;)

 

昨日の夜のニュースを見ていたら、日本各地で被害が色々を出ていたみたいですね。

神奈川県では竜巻が2つも発生したみたいですし、東北地方ではものすごい寒波により10メートル先が見えないほどの暴風雪だったみたいです(@_@;)

週末や来週は少しは温かくなるのでしょうか?(・_・;?

 

 

 

 

愛読しているメルマガ

「我勝道と凡事徹底」より

 

 

【我勝道】(がしょうどう)
自分の弱い心、怠け心に負けないこと

【凡事徹底】
誰にもできることを

誰にもできないくらいに

続けること

【格闘塾三柱】
warm heart  = 思いやりを実践する人間力

cool head   = 逆境を順境に変える脳力

strong body = 鋼の如く鍛え上げた体力
目指すは、我勝道を極め、凡事徹底を貫き、

文武両道を体現する日本男児・大和撫子!
「また会いたいなぁ」と思われる人になり、

破天荒に奇天烈に自分の人生を謳歌しようぜ!

=========

【 烈生美死(れっせいびし) 】

人間は、死ぬ。

悲しいかな、人はその寿命を知らない。

だから、死は突然にやってくる。

私は、その悲しみを何度も経験して、人間は死ねばおしまいだと思った。

生きているうちが華だとも思った。
そして、我が身を戒めるルールである「我正道」に、『烈生美死』という言葉を付け加えた。
『烈生美死』(れっせいびし)
「烈しく生きないと美しく死ねない」 を短くした私の造語だ。

生きるということは、経験値を上げ、魂を磨くゲームをしている。

経験値を上げるには、平々凡々と生きていては、数値もほとんど動かない。

やはり、波乱万丈、たった一度の人生、何事にも果敢に挑戦し、つまずき、成功し、経験値を最大限にあげるのだ。
その経験値をいっぱいにあげると、自分の気持ちだけではなく、他の人の気持ちまでもわかってくる。

そして、だんだん「自分のために」行動することが気持ちいい段階から、

「他の人が喜ぶ顔を見るために」行動することが気持ちがいい段階に進化する。

そうなると、人間として本物だ。
そんなこと、こんなことを経験し、ピカピカに魂を磨くのが、この生の目的のひとつだ。
人間は原石なのだ。

それを自分が生きていくことで、周りの人、周りの出来事が全て砥石となり、自分をピカピカに磨いてくれる。

人間とは可能性いっぱいの動物なのだ。

可能性を潰してしまうのは、いつも自分自身。

自信がないから、やってことがないから、そんなショーもない理由で、自分で自分に勝手に「限界」という枠をはめている。

自分の可能性を信じろ。

自分をトコトン信じろ。

そのためには、本気になれ。

本気とは、相手が「そこまでやるか」と感嘆の声を上げるレベルだ。

本気とは、相手が「かっけ~」と感嘆の声を上げるレベルだ。

そして、そのレベルの行動を維持しろ。

そうすれば、必ず光り輝くことができる。

さぁ、今日も、自分の可能性をトコトン信じ、トコトン行動し、トコトン結果を出そう。

そのために、今年最高の熱さで一日を生き切るのだ。
仏恥義理!

押忍
『キミの未来は今日作られる』
今日も熱く明るく元気に笑顔で、人に温かく生き切ろう!

そして、今日が今までの人生で最高の一日になるように

努力を惜しまないこと

さぁ、元気出していこう!

「ポン!」(肩を叩いた音)

=========

今日も
いいこと言って
いいことして
いいこと思って
いい人になろう

(三重県伊勢市「修養団」中山靖雄先生のお言葉)

 

 

 

 

 

 

このメルマガは

「格闘塾」

という中高生が通う学習塾を経営されている

「どやさん」(本名 山田一夫さん)

が朝7時と夜7時に毎日配信しているメルマガです(^^)v

 

 

2010年私はフリートレーナーになり、異業種交流会などに参加していました(*^^*)

その時に知り合った一人が

どやさん

でした♪

(異業種交流会はおもしろいですよ♪)

これはどやさんに書いてもらったものです( 〃▽〃)

P1010823

 

いつでも見れるように手帳に書いてもらいました(^^)d

 

 

どやさんは「格闘塾」の塾長です( *・ω・)

昔は大阪にいらっしゃいましたが、今は岐阜県に在住です。

 

どやさんのすごいところは

成績は1や2の学生しか受け入れない

というところです( ̄□ ̄;)!!

 

そしてその学生たちを志望校に入学できるようにしますp(^^)q

(現在は知りませんが、私が出会ったときは100%の確率だったそうです!!)

 

家庭の事情や引きこもりなど、もしくは非行に走ってしまった学生たちを受け入れて、親御さんとも綿密に話しをして導いていきます。

 

どやさんはメルマガにもあるように

毎日を大切に生きること

を説いています (。・ω・。)

 

それは1995年1月17日に起こった

「阪神淡路大震災」

で生き方、考え方が変わったからと言っていました。

 

 

私自身、どやさんのように生きているかは分かりませんが、毎日を悔いのないように生きようとはしています(*^^*)

そして今日あった出来事を寝るときに

「今日もこんな良いことがあったな~(*´ω`*)」

と考えながら寝るようにしています(* ̄∇ ̄*)

 

「我勝道」

「凡事徹底」

「烈生美死」

どれほどできるか分かりませんが、これを想いながら過ごしたいですね(^o^)v

 

 

 

今日は2月14日です(。・ω・。)

2月は28日までしかないので、今日で半分が終わりましたΣ( ̄ロ ̄lll)

2月は本当に早いです…( ̄ω ̄;)

 

では良い週末をお過ごしください(*´ω`*)

長谷川 敬祐

No149,規制が良くない?(・_・;?

昨夜からまた寒くなり、今朝は少しだけ車に雪が積もっていました( ̄ω ̄;)

ここまでくると気象庁が発表していた

「今年は暖冬傾向です」

というのがまったく信じられません!!(´-ω-`)

 

どこが暖冬やねん(=_=)

とつっこみたくなります(^^ゞ

 

12月中旬ごろから冷え込んできて、年明けは大雪!!

1月中も何度か雪が降り、降らなくても寒かったです…

 

2月に入ってからも寒さは続き、中旬にさしかかっても寒い!!

(まぁ、2月が一番冷えると言われますが…)

 

これを書いている「今」も雪は降っています( ̄▽ ̄;)

 

 

 

 

昨日は

「建国記念の日」

を書きました( *・ω・)

 

そして今日は、ふと見ると

「13日の金曜日」

じゃないですか!( ; ゜Д゜)

 

不吉とされている日ですよね…( ̄ω ̄;)

 

でもなぜ不吉なんでしょう??( ・◇・)?

 

 

 

 

 

調べてみると、諸説あります(* ̄∇ ̄*)

 

簡単にまとめると

「キリストの最後の晩餐に13人いた」

「イエス・キリストが磔刑にされた日」

「テンプル騎士団が逮捕されたのが1307年10月13日金曜日だった、そこから始まった」

などなど…

 

アメリカなどでは13日の金曜日が怖くてたまらない

「13日金曜日恐怖症(friggatriskaidekaphobia)」

なんてものもあるとか…(^^;

 

 

私たち日本人にここまで

「13日の金曜日」

が浸透したのはあの映画ではないでしょうか?(・・??

 

ジェイソンが出てくる

「13日の金曜日シリーズ」

です(*^^*)

 

私は映画好きですが、こういったホラー系はあんまり見ません(^^ゞ

地上波で放送されたら見たいと思いますが、わざわざDVDを借りてまで見たいとは思いませんΣ(-∀-;)

 

私が子供の頃(今から約20年前)は金曜ロードショーなどで放送していましたけどね…

いつしか放送されなくなりました(>_<)

 

近年は様々な規制があってホラー映画は地上波では放送されなくなりましたよね…

「子供が怖がるから」

「夜泣きする」

「悪影響だから」

「殺人鬼のマネをしたらダメだから…」

などありますが、殺人鬼のマネって…(´-ω-`)

 

子供が怖がるなら見せなきゃいいだけだろう?

と私は思うのですが、どうでしょうか??( ・◇・)?

 

これは私個人の意見(持論)ですが、なんでもかんでも「規制」すると人間はその規制をかいくぐっていきます( *・ω・)

「ダメ」

と言われたら言われるほど、そっちに好奇心を抱くのです。

 

今はこのあたりが厳しい時代なのでしょうね(>_<)

 

公共の施設なのでも子供が危ないことをしていたら注意するのに勇気がいります。

一昔前なら近所や周りの大人が叱ってくれていたものが、今はそれができません(。>д<)

 

先日和歌山県で起きた殺人事件のように近所の方が犯人だということがあるからです。

 

30歳の私は世間ではまだまだ「若い」ほうだと思いますが、私より下の世代は分別がついていない若者が多い気がします(><)

(なんとなくですが、こういった事件を起こすのは10代後半~20代が多いと思います)

 

もちろん素晴らしい若者もたくさんいることは承知しているのですが…

 

 

時代の流れ…と言ってしまえばそれまでですが、なんとなく寂しい時代ですよね!Σ(×_×;)

一部の分別のつかない人がいるために…

 

 

 

 

 

 

 

少し寂しい話しになりました(^_^;)

え~っと…

13日の金曜日でしたね♪

 

 

日本人はお国柄なんでも受け入れる文化なのでしょうか?(・・??

だから秋のハロウィンのように違う国の文化であれほど騒ぎます(* ̄∇ ̄*)

これこそただコスプレがしたいだけだろう…( ̄▽ ̄;)

と思ってしまいます(^^;

 

秋田県の「なまはげ」を代表に、妖怪などに扮して子供の所へ行く行事は日本各地の文化として残っていますが、近年若い親世代から

「子供が泣くので止めてほしい」

というクレームがあるそうです(先日ニュースでやっていました)

 

これこそ日本に残る文化の1つなのだから、大切にしなくてはいけないのじゃないか??

 

と思いますけどね(。・ω・。)

 

 

時代とともに変わりゆくのは、ある程度仕方ないのか…

と思いますが、やはり残さなくてはいけないものは残したいですし、なんでもかんでも規制するのはどうかと思います。

 

 

 

 

では…

もう、もう…もうこれで寒波は最後にしてほしいです!Σ(×_×;)

雪も、もういいですね(^_^;)

長谷川 敬祐

No148,建国記念の日(^^)d

昨日は建国記念の日で祝日でしたね♪

皆さんは良い休日を過ごせましたか?( ・◇・)?

私は買い物やドライブなので、リフレッシュさせてもらいました(*^^*)

 

やっぱり週の真ん中に休日があると嬉しいですね(*´ω`*)

 

 

 

さて突然ですが、昨日は

「建国記念の日」

でした (。・ω・。)

 

建国記念…

その他の祝日ならなんとなくわかるけど…(成人の日や敬老の日など)

「建国」とはなんなのでしょうね?(・・??

 

少し調べてみました(^^)v

 

現在の建国記念の日は1966年に「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として2月11日に定められました♪

ではなぜ2月11日なのでしょう?( ・◇・)?

 

 

ちょっと歴史をみてみましょう♪♪

 

日本の起源を祝日にしようという動きは明治時代、神武天皇(初代天皇)即位の初日を日本の紀元(歴史が始まる最初の日)としたことから始まりますp(^^)q

この日本の紀元の日を「紀元節」というそうです( *・ω・)

 

しかし、神武天皇が即位した日を日本の建国された日として祝うこと(紀元節〔きげんせつ〕)は、戦後占領軍(GHQ)の意向で祝日ではなくなりましたΣ( ̄ロ ̄lll)

なせなら

「紀元節を認めることにより、天皇を中心とする日本人の団結力が高まり、再び米国の脅威となるのではないか」

というGHQの意向で、紀元節は廃止されました(>_<)

 

しかしその後、紀元節を復活させようという動きが高まり、反対する動きを抑え建国を記念するための祝日を設けることとなりました!

その際「紀元節」から「建国記念の日」に改正されました♪

そして、1966年(昭和41年)に国民の祝日に認められ、翌年から適用されました(*^^*)

「建国記念の日」が「建国記念日」ではないのは、史実に基づく建国の日とは関係なく、建国されたという事実そのものを記念する日だからだそうです( ̄▽ ̄)ゞ

 

 

まぁ当時は

「日本の正確な起源などわかっていないのに建国記念など定められない」

など、多くの専門家たちの中で議論になったそうです( ̄ω ̄;)

 

 

では

この「建国記念の日」はどんなことをしたらよいのでしょうね??( ・◇・)?

 

実は建国記念の日は、特別な行事は特にありません(* ̄∇ ̄*)

 

日本書紀(奈良時代に成立した日本最古の歴史書)では

日本国を統一したカムヤマトイワレビコノミコトとは、初代天皇になった神武天皇である

と書かれています(。・ω・。)

イワレビノミコト(神武天皇?)は、現在の建国記念の日にあたる「辛酉元旦」(現在の暦に直すと紀元前660年2月11日)に、大和の橿原〔かしはら〕の宮で即位したとされ、そこから2月11日を「建国記念の日」に定めたという説もあります( *・ω・)

しかし、歴史学上では神武天皇は実在の人物ではなく「神話」として位置づけられているようです(^^ゞ

 

調べた結果、これが

「建国記念の日」

が制定された経緯です(*^^*)

 

初代天皇は「神」であり、神話にでてくる人なんですね(* ̄∇ ̄*)

天皇を中心に動くので、日本は

「神の国」

と呼ばれるのでしょうか?(・・??

 

今の天皇陛下は125代目だそうですp(^^)q

 

歴史的にみても125代も続いている国は世界にありません。

日本だけです。

 

すごいですよね(* ̄∇ ̄*)

 

これは世界で東の端っこにある小さな島国だからできたのでしょうか?( *・ω・)?

 

日本に住んでいるとその

「良さ」

は分からないものです( ̄▽ ̄;)

 

最近のTVでは海外の方が日本の良いところについて話している番組が多い気がします(*^^*)

 

そういったものを見ると、改めて日本の良さを知ることができます( 〃▽〃)

私たちにとっては「当たり前」なことでも、海外の方からすると驚くことが多いのでしょう♪

 

 

何気なく調べた祝日に関することでしたが、

「へ~」

と思うこともありました(^^)v

また機会があればなにかの祝日を調べてみましょう(*^^*)

 

 

 

では残り半分、今週をボチボチと楽しく過ごしていきましょう(*´ω`*)

長谷川 敬祐

No147,東洋医学「心」(^^)v

昨日から今朝はまた冷えましたね( ̄□ ̄;)!!

日本各地で大雪です(>_<)

日本海側にお住まいの方たちは大変でしょうね(。>д<)

 

昨日は昼過ぎから夕方にかけて粉雪が舞っている程度でした (。・ω・。)

今朝、出勤時にはそれなりに?降っていましたΣ( ̄ロ ̄lll)

車に約2~3cm積もっていましたから(^^;

P1010821

これがこの冬最後の雪でしょうか?( ・◇・)?

(そう願います(^^ゞ)

 

 

 

 

 

さて、ちょこちょこ書いてきた「東洋医学 五臓六腑シリーズ」ですが、とりあえず今日で「五臓」は終わりです♪

「腎」「肝」「脾」「肺」について簡単ではありますが、書いてきましたp(^^)q

今日は最後の

「心」

についてです(*^^*)

(普通は「こころ」と読むと思いますが、東洋医学は「しん」です)

基本的に東洋医学なので、すべて「音読み」です(^^ゞ

 

 

まず西洋医学の「心」です( *・ω・)

簡単に書くと

「循環器」です♪

血液を全身に送っています(^^)v

 

まぁ細かく書けば色々ありますが、とりあえず「全身に血液を送っている」と思ってもらえたらと思います。

 

では東洋医学の「心」は??

 

・心は小腸と表裏の関係にある

・心は五主では「血脈をつかさどる」

・心は神志(しんし)をつかさどり、君主の官である

・心は五液なら「汗」である

・心は五華なら「面色(顔面)」である

などがあります。

 

血脈とは「血管」のことですp(^^)q

心臓に何らかの問題が生じると全身に血液を送れなくなりますΣ(ノд<)

 

心は小腸を表裏関係にある…

これは緊張や精神的問題で下痢や便秘しやすいということです(>_<)

 

ちなみに五臓と六腑の関係は

肝 = 胆

心 = 小腸

脾 = 胃

肺 = 大腸

腎 = 膀胱

です。

少しややこしいので割愛しますが、六腑の最後は

「三焦(さんしょう)」というのもで教科書などにも

<名のみありて、形無し>

と記載されています( ̄▽ ̄;)

 

 

 

心に戻ります。

心ぼ君主の官とは、言うなれば他の臓器をまとめている!

ということです♪

君主とは王様のことです(^^)d

将棋でも「王」をとられたら終わりです(*_*)

 

同じように心(君主)が倒れたら終わり(死)ということです!Σ(×_×;)

 

五液での「汗」は心の病にかかると異常な汗を書くということです(^^;

例えば狭心症などの冷や汗…など。

 

もしくはサウナなどの場所では

「循環器系の疾患をお持ちの方はご遠慮ください」

という注意書きがあります( ・∇・)

 

つまり循環器系疾患の方はサウナなどは禁止です(>_<)

 

五華での面識(顔面)とは循環器系の疾患の方は、顔色が変わるからです(。・ω・。)

(例、狭心症の方はチアノーゼで蒼白のなる  高血圧で赤くなる など)

 

 

あと、五志では「喜」です♪

喜ぶころは精神に良いとされています(*^^*)

 

 

 

そして「心包(しんぽう)」というものがあります(* ̄∇ ̄)

これは三焦の表裏に当たるのですが…

 

心包とは「心を包む膜」とされています♪

前述したように「心は君主」です。

倒れたらダメな存在です!

そのため、心に対する邪気を代わりに受ける存在として

「心包」

が存在すると東洋医学では考えます(* ̄∇ ̄*)

実際、経絡治療などで「心」を治す時は、心の経絡である「少陰(しょういん)心経」ではなく、「厥陰(けついん)心包系」という経絡を使います(*^^*)

 

 

 

 

どうでしょうか?

「心」についてはこれくらいです(* ̄∇ ̄*)

もうちょっと深く書くと、難しくなるので簡単にしました(^^ゞ

 

以前載せたことがありますが

「五行色体表」を載せておきます♪

これで「どの臓器」が「どんな役割」や「どんなもの」に属するか分かると思います(^o^)v

 

これはほんの一部ですが、見やすいと思います♪

 

皆さんに少しでも東洋医学のことを知ってもらいたく書き始めましたが、いかがだったでしょうか?( ・◇・)?

興味を持ってもらえた方や、逆に余計に分からなくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか(^^;??

 

東洋医学は数千年前に確立された医学です(*^^*)

 

当時はレントゲンやMRI、血液検査などはありません。

では信じられないのか?

というとそれも違うと思います(^^)d

 

解剖などは盛んに行われていましたし、身体のことを分かろうとする気持ちは当然あったと思います♪

だから

顔色を診て、脈を診て、お腹を診て、背中を診て…という体表面に出てくる情報で身体の内部のことが分かるように研究されたのです。

 

もし的外れな医学なら数千年も残らないでしょう( ̄▽ ̄;)

治療効果が認められ、今日にまで残っています(*´ω`*)

 

まだまだ知りたいことがいっぱいあります(≧∇≦)

 

 

ということで「五臓」は今回で終わりです (。・ω・。)

次はボチボチとですが、「六腑シリーズ(胆 小腸 胃 大腸 膀胱 三焦)」を書いていきます(* ̄∇ ̄*)

 

 

では明日は「建国記念日」でお休みですね♪

良い休日をお過ごしください(*´ω`*)

長谷川 敬祐

No146,あの激痛再び…(。>д<)

今朝は今シーズン1番の冷え込みだったそうです(>_<)

京都では朝の最低気温が-0,9℃でしたΣ(゜Д゜)!

出勤してきた時の室温が5,3℃!!

そりゃ水たまりも凍ります( ̄▽ ̄;)

本当に寒いです (@_@;)

 

 

 

 

 

 

先週のブログで

「病気は気付き」

を書きました(^^)

まさかそれをこんなリアルタイムで経験するとは…Σ(-∀-;)

 

 

 

 

話しは少し遡りますが、忘れもしない2011年1月28日。

当時は金曜日でした(  ̄▽ ̄)

お腹?腰?が痛くて6時過ぎに目覚めました(>_<)

何気にトイレに行きましたが、おしっこがいつもの半分くらいしか出ませんでした!Σ( ̄□ ̄;)

 

それから徐々に痛みは増します (@_@;)

「水分が足りてないのかな?」

と思いお茶を飲みましたが、あまりの痛みに耐えれなくて直ぐに吐いてしまいました(><)

 

「寒さでお腹が冷えたんだろうか?」

と思い、ペットボトルにお湯を入れてお腹を温めます(*^^*ゞ

そして、少しでも楽になればと自分でお腹周りに「お灸」をしました( ̄∇ ̄*)ゞ

 

が…

 

 

痛くて、仰向けでじっとしていられないのです(*_*)

当時はフリーで動いていたので、たまたま午前は休みで昼から仕事だけでした♪

 

尼崎に住んで5年ですが、病院はほとんど行かないので分かりません(^^;

朝7時半過ぎに彼女に電話し(彼女は地元です)症状を訴え病院を聞きました。

「それなら県立塚口病院がいいんじゃない?」

と教えてくれてそこに向かうことにしました!

 

ひとり暮らしですし、救急車を呼ぶのも…(^_^;)

 

ということで自分で運転して行きました( ̄ω ̄;)

約20分ほどの距離です。

 

強烈な激痛に耐え、なんとか運転して行きました(^^;

(あとからそんな状態で車を運転したら危険だからダメ!とドクターに怒られましたけどね(^^ゞ)

 

病院について、まずは受付です(。・ω・。)

もちろん予約なんてしていませんし、朝1番だったので高齢者の方でいっぱいでした(  ̄▽ ̄)

 

受付の方が対応してくれました。

が…

 

当たり前のことで仕方がないのですが、

「体温」

「血圧」

を測りました( *・ω・)

 

当時は「鳥インフルエンザ」が流行っていたので、

「昨夜鳥肉を食べましたか?」

「生牡蠣は?」

など聞かれます。

 

「そんな痛みちゃうねん!」

と心の中で思っていました…( ̄ω ̄;)

 

仕方のないことですが、この受付、問診、バイタルチェックの時間がなにより痛かったです Σ(-∀-;)

 

私の痛がり方が尋常ではなかったので、ストレッチャーに乗せられ運ばれました!

 

「自分の意志で気絶が出来るなら、今気絶したい…(;_;)」

と思うほどの痛みです(T^T)

 

こういってはなんですが、私は「痛み」に関してはそれなりに強い方なのですが、それでも痛かったです…

 

ベッドの上でもがいていたら看護師さんが

「とりあえず座薬(痛み止め)を入れましょう」

と来てくれました。

 

普段の私なら恥ずかしく、「イヤ」というと思いますが…

その時は少しでもこの痛みがマシになるのなら…

と思いすぐに入れてもらいました(>_<)

 

内科のドクターの診察を受けてレントゲン検査→エコー検査です。

その間は自分で歩くのが辛かったので「車いす」です(^^ゞ

 

人生「初」の車いす&ストレッチャーでした(* ̄∇ ̄*)笑

 

だんだんと痛み止めが効いてきて自分で歩けるようになりました(*^^*)

 

そしてエコー検査で原因が分かりました!!

 

 

 

「尿路結石」

でした (。・ω・。)

 

言われた時は

「マジで!?Σ( ̄ロ ̄lll)」

 

と思うより、

「やっぱりか…」

と思いました(^^;

 

痛い場所、おしっこの出方、急激な痛み…

などである程度予測は立っていたので(^^ゞ

 

 

それからは水分補給のため点滴です( *・ω・)

処方は痛み止めのみでした。

 

「いっぱい水分を摂って、いっぱいおしっこを出したください」

とドクターに言われました( ̄▽ ̄;)

 

特にそれ以上することはない…と

 

帰りに薬を受け取り、スポーツドリンクを大量に購入しました(* ̄∇ ̄*)

 

昼になり、マシになったので昼からの仕事は行きましたけどね♪

 

 

 

 

 

ということが4年前にあったのですが、先日の土曜の夜にあの時ほどの痛みではありませんでしたが、徐々に腹痛&腰が痛くなってきますΣ(゜Д゜)!

最初は下腹部(膀胱)に痛みというか、変な残尿感があったのですが、それがいつしか腰にきました(>_<)

 

 

痛みは耐えれますが、夜でこれから寝るのに…

あの状態では寝ることができません!Σ(×_×;)

 

親に相談して、夜間の救急に行くことにしました。

23時過ぎでした。

 

初めてではなかったので、

「また尿路結石か… Σ(-∀-;)」

という感じで、とりあえず診てもらおうと思い、今回は連れて行ってもらいました(*^^*ゞ

 

同じような検査を受けて、結果は

「おそらく尿路結石でしょう」

でした (。・ω・。)

 

今回はそこまで鮮明に「石」が分からなかったのです(^^ゞ

 

痛み止めだけもらい、0時半ごろ帰ってきましたp(^^)q

 

 

 

 

 

病気は気付き…

今回のことで私は「なにに気づき」、「何を学んだ」のでしょう?( ・◇・)?

 

それは至極当然のことですが、

健康が一番

ということです( ̄▽ ̄)ゞ

(それ以外にも色々考えさせられましたが、ここに書くと長くなるので…(^^ゞ)

 

 

尿路結石は男性の方が発症率が高く、再発もしやすいのです!

4年ぶりにあの痛みを味わいました(* ̄∇ ̄*)

 

もういいです(笑)

 

 

 

私たちは何気なく日常を過ごしていますが、風邪をひいたり、ケガをしたりなど体調を崩すと健康のありがたみを感じます(*´ω`*)

当たり前の反対は

「感謝」

です( *・ω・)

 

日々、健康でいられることに感謝しなければいけませんねo(^o^)o

 

 

 

これを書いている時に「粉雪」が舞っています(^^ゞ

夕方にかけて雪は降るのでしょうか?( ・◇・)?

 

今シーズン1番の冷え込みですから、十分に暖かくしてください(*´ω`*)

長谷川 敬祐

No145,病気は気付き(・_・?

今朝は(も?)冷え込みましたね Σ(-∀-;)

車のフロントガラスがバシバシに凍っていました !Σ( ̄□ ̄;)

毎朝、店の前を掃き掃除しているのですが、手がびっくりするほど冷たかったです(>_<)

 

 

 

 

愛読しているメルマガ

「人の心に灯をともす」より

 

【病気は気付き】№1991

志賀内泰弘氏の心に響く言葉より…

沖縄に島袋勉さんという友人がいます。

彼は、「義足のランナー」として知られています。

2001年4月10日午後10時5分頃、島袋さんは千葉県船橋の電車の踏み切りで事故に遭いました。

意識が戻った時、彼は両足を失っていたのです。

そのうえ脳の機能障害も起こしてしまい、つい先ほどの出来事さえも忘れてしまう状態になってしまいました。

人の顔が二つも三つにも見えたり、めまいに襲われることも。

でも、彼はあきらめませんでした。

妹さんのサポートを得て、猛烈な、かつ過酷なリハビリを始めたのです。

切断された部分に包帯を巻くと、義足を装着できなくなります。

包帯なしで義足をはけば、猛烈な痛みが襲います。

それでも「傷の痛みは怖くない。怖いのは歩けなくなることだ」と歩行練習を続けました。

歩くだけではありません。

彼は「走る」ことにも挑戦します。

そして、義足をはいてホノルルマラソンを完走してしまったのです。

当然のことながら、猛烈な痛みとの戦いがありましたが、なぜ彼は、その戦いに打ち勝つことができたのか。

そこには、お母さんの一言があるといいます。

病院でリハビリをしている時、お母さんに電話をしました。

すると「痛い?」と聞かれました。

傷の周辺を氷で冷やし、痛み止めを飲み、坐薬まで使って痛みに耐えているのです。

「そりゃ痛いよ」と答えました。

するとお母さんは、

「そんなに痛い思いをして、何も学ばなければただのバカだよ。アハハハハ」

と笑って言ってのけたのでした。

島袋さんは、「自分は何を言ってもらいたかったのだろう」と自問したそうです。

「痛いでしょう。大丈夫?」といった同情の言葉を期待していたのでした。

その時、ハッと気付いたそうです。

「これがいけないんだ」と。

長く病院生活を続けていると、同情の言葉にすっかり慣れてしまう。

この時から、日々の努力の中から何かを学ぼうとす意識するようになり、周囲の光景がいろいろな色に変わって見えるようになったといいます。

人は、辛いことがあると失望します。

「なんて私は不幸なんだろう?」と思います。

一つ何かを失うと、人生が真っ暗闇で、すべてを失ったような気持ちに陥ってしまう。

そこで、大切なことまで見失ってしまうのです。

マイナスの出来事にも必ず「意味」があります。

その意味に気づくと、マイナスの出来事すらプラスに思えて「ありがとう!」と感謝できるようになります。

私自身にも一つ、思い当たることがありました。

大病をした時のことです。

生死をさまよいながらも無事、回復して退院できました。

しかし、治療の後遺症に苦しみ、「もう俺の人生は終わりだ」と落ち込んでいました。

そんな時、あるお医者さんに言われました。

「病気は気付きです。なぜそうなったのか、気付いて学ぶことが大切です。何かを気付かせるために、神さまがあなたを病気にしてくださったのです」

その言葉のおかげで、自分の考え方や心の持ち方を変える努力をするようになりました。

そうして初めて感謝の心がわかったのです。

すると、病気にすら感謝できる。

あなたの目の前にも、「ありがとう」と言える「幸せ」がいっぱいあるはずです。

 

 

『他人と比べない生き方』フォー・ユー

 

「病気」も「事故」も「失敗」も「挫折」も、苦しいこと辛いことなど、自分の意に沿わないことや嫌なことはすべて、何かの気付きのために神さまがプレゼントしてくれたこと。

その中には必ず、自分が成長するための何か学びがあるからだ。

そこから学ぼうとしない人は、他人やまわりのせいにしたり、愚痴や泣き言や文句を言い続け、そしてそのことをずっと許さない。

どんなことからも学ぼうとする人には「感謝の心」がある。

そして、病気や事故といった辛いことからだけでなく、日ごろの当たり前のような小さな幸せにも感謝ができる。

「歩くことができて幸せ」「仕事ができて幸せ」「食べることができて幸せ」そして「生きていて幸せ」、と。

すべてのことは学びの場と、感謝の念で日々過ごしたい。

 

 

 

 

 

 

病気、事故、挫折、失敗…なんの前触れもなくやってきます。

そして思いっきりへこむでしょう…(>_<)

 

私はへこんでいいと思っています(^^)v

人間はへこまないと成長しませんから(*^^*ゞ

 

ただ、へこんだそのままなのか

そこからひとつでも階段を昇るのか…

 

その違いだと思います( *・ω・)

 

そしてその第一歩が

「感謝すること」

だと思います(*´ω`*)

 

何かあると、なぜ自分だけがこんな目にあうのか…

と思うでしょう(T^T)

 

周りを見ても順風満帆に過ごしている友人たち

病気・ケガなく日々を過ごしている人達

を見ると悲しく、そして腹が立つこともあるでしょう。

 

 

それを見つめ直して再び立ち上がるのは容易ではありません!

 

どこまで「今の自分」と向き合っているか…

だと思いますp(^^)q

 

 

私も今までに何度も味わってきました(^^;

 

このメルマガに出てくる方のような重症ではありませんが、高校1年生の春休みに膝の靱帯を切りました!Σ(×_×;)

手術をするか、リハビリだけで治すか…

微妙なところを私はリハビリだけで治しました。

高校生のころといったらサッカーが全てでした。

 

それができなくなる…

ケガしてから約1カ月くらいは朝起きてベッドから出るときに痛みが走ります(>_<)

トイレに行くのも足を引きずって歩きます。

「これが夢だったらな~」

と何度思ったかわかりません(T^T)

 

しかし3カ月リハビリをして7月くらいに復帰します♪

夏、秋とプレーしましたが、急いで復帰したせいや、当時はトレーナーさんなんていませんから、リハビリはほぼ自分です。

そのせいで、10月くらいから約2カ月ほどまたリハビリ生活です( ̄ω ̄;)

 

 

冬には復帰しましたが…高校2年の間はまともにサッカーしていませんでしたね(-_-;)

 

これは私の体験談ですが、私のような学生は五万といるでしょう!

わたしよりきついケガをした方もいると思います。

 

 

現状を理解して、全てのものに感謝して、向き合って、そしてゆっくりでいいから階段を昇っていく…

難しいですよね(^^ゞ

 

でも発想の転換でそれを

「楽しむ」

と見える景色、見える世界が変わると思います(*^^*)

 

 

 

 

今日はちょっと長くなってしまいました(^^;

この愛読のメルマガは色々なことに気づかされるので、とても気に入っています♪♪

それを私ひとりが知るのではなく、私のブログを読んでくださっている皆さまにも伝えたいと思い、おもしろい時は載せていますp(^^)q

 

では明日、月曜日はまたまた寒いみたいです!Σ(×_×;)

体調に気をつけて良い週末をお過ごしください(*´ω`*)

長谷川 敬祐

No144,大切な睡眠時間(*´ω`*)

昨日は結局このあたりでは「雪」は降らなかったですね(^^)v

昼過ぎから夕方は雨が少し降っていましたが…(^^ゞ

 

朝起きると近くの山は白くなっていました( ̄□ ̄;)!!

今週はもう大丈夫なんでしょうか?(・・??

 

 

 

 

 

さて突然ですが、皆さんはよく眠れていますか?( ・◇・)?

日本人の5人に1人は睡眠に関して悩んでいるという報告もありますΣ( ̄ロ ̄lll)

 

ということで今日はちょこっと

「睡眠」

について書きたいと思います(*^^*)

 

 

 

多くの方が知っているかもしれませんが、睡眠には

「深い眠りのノンレム睡眠」

「浅い眠りのレム睡眠」

の2種類があります(。・ω・。)

 

眠りにつくとまずノンレム睡眠があらわれ、次に浅い眠りのレム睡眠へと移行します♪

私たちの眠りはこれら性質の異なる2種類の睡眠で構成されており、約90分周期で一晩に4~5回、一定のリズムで繰り返されています。

 

ノンレム睡眠は「脳を休めている時間」です(^^)d

私たちの脳は皆さんが思っている以上にすごくよくできていますし、寝ている間に記憶の整理をしますp(^^)q

今日あった出来事や出会った人など、その日の睡眠中に脳にインプットします(*^^*)

 

実は居眠りのほとんどはこの「ノンレム睡眠」と言われています( *・ω・)

少しの睡眠(居眠り)は脳を休めるのに非常に有効です(^o^)v

ただ、この深い眠りの最中に起きる(起こされる)と身体はだるく、ぼ~っとします(-.-)Zzz・・・

 

ノンレム睡眠の特徴は

・入眠直後にあらわれる

・夢はほとんどみない

・身体を支える筋肉は働いている

・眠りが深くなるにしたがって、呼吸回数・脈拍が少なくなる

です♪

寝ているけど、脳は休んでも身体は起きている状態です(^^)v

 

 

逆のレム睡眠は「身体を休めている」状態です(*^^*)

身体は深く眠っているのに、脳が起きているような状態の浅い眠り♪

目覚めの準備状態でもあり、この時に目覚めると気分がスッキリします(^o^)v

 

レム睡眠の特徴は

・眼球がきょろきょろ動く

・身体の力が完全に抜けている

・呼吸や脈拍が不規則

・夢をみる

です♪

 

俗に言われている「金縛り」ですが、このレム睡眠の状態ではないか?

と言われています(。・ω・。)

身体の力は完全に抜けていても、頭(脳)は起きている状態です(^^;

そして金縛りは若い人に多く、不規則な睡眠習慣や睡眠不足、心身のストレスが溜まっているようなときに起こりやすいといわれています(>_<)

睡眠障害になるなど頻繁に金縛りを起こすような人は、睡眠時間をきちんととり、規則的な生活を心がけることが大切です♪

 

 

昔から「寝る子は育つ」と言われていますが、寝ている間に「成長ホルモン」が分泌されます(*^^*)

名前が「成長ホルモン」なので、大人になると出ないのか?と思われがちですが、私たち大人でも分泌されていますp(^^)q

ただ、成長期の子供のほうがはるかに多く分泌されていますし、身体を大きくするのに必要なホルモンなのでそう呼ばれています。

 

多く分泌される時間も決まっています(^^)v

22時~2時の4時間が最も多く分泌されます(〃ω〃)

つまり成長期の子供や学生はこの時間に寝ていると身体が造られるわけです(*´ω`*)

 

 

そしてよく年をとると、早く寝て早く起きるといいますよね?( ・◇・)?

高齢者の中には睡眠時間4~5時間の方もいらっしゃいます。

 

上記したように脳は寝ている間に記憶の整理をします(。・ω・。)

子供の頃は見るもの、触るものが初めてのことが多いです。

刺激が大人よりハンパなく多いのです( 〃▽〃)

そのため、いっぱい寝て記憶を整理する必要があります♪

だからいーーーっぱい寝る必要があるんですね(^^)v

 

その逆で高齢者はそんなに身体も動かさず、新しい発見も少なく、同じような日々を過ごします( ・ε・)

そのため、若い人に比べて脳がそこまで疲れていないのです(^^ゞ

だから短い睡眠時間で大丈夫なのです(* ̄∇ ̄*)

 

 

近年「昼寝が大切だ」と言われています♪

脳を効率よく働かせるには午前と午後の間で20分ほど休めてあげると、昼からスッキリして仕事がはかどることが分かっています(^^)v

まだまだ難しい課題かもしれませんが、可能な方は是非昼寝してくださいね(*^^*)

 

 

最後に…

世の中には「ショートスリーパー」と呼ばれる方がいます( *・ω・)

文字通り、少しの睡眠で十分という方です。

私の以前の上司がこのタイプでした(^^ゞ

2~3時まで平気で仕事をして、そこから自宅に帰り、また6時半ごろ起きるのですΣ(-∀-;)

もちろん帰ってからお風呂に入りますから、寝るのは4時くらいでしょうか?(食事は知りませんが…)

 

最近は40歳を超えて、さすがにしんどくなって1時くらいで仕事を終えているそうです(^^;

 

このようにショートスリーパーの方はそんなに寝なくてもバリバリ仕事ができます♪

逆に8~9時間寝ないといけない方もいらっしゃいます (。・ω・。)

 

よく睡眠は「8時間」と言われますが、この医学的根拠はありません(´-ω-`)

統計をとって平均時間が「8時間」だった

というだけです(  ̄▽ ̄)

 

睡眠時間は個人によって様々です♪

是非自分の睡眠時間を知っていてください(*^^*ゞ

 

ちなみに私の良い睡眠時間は「6時間半~7時間半」くらいですp(^^)q

もちろん体調によって増減しますけどね(^^ゞ

 

これ以下だったら眠たいですし、これ以上でも身体はだるいです(>_<)

 

睡眠は脳を休めて、身体を休めて…

精神的にも肉体的にも回復する時間です。

決して侮らないでくださいね。

 

 

寒いですから、布団から出るのがおっくうな毎日ですが、質の高い良い睡眠を取ってください(*´ω`*)

長谷川 敬祐

No143,東洋医学「肺」(* ̄∇ ̄)

南岸低気圧?というものが太平洋側にあり、日本海側にも発達しつつある低気圧がある…

そりゃ寒いはずですΣ(ノд<)

関東では平野部でも積雪するとか?(´・ω・`)?

 

そういえば昨年も2月は関東で大雪でしたね(^^ゞ

ジョッキーさんが週末に関東に行ったのに、大雪のため競馬が中止になった…

と言っていたのを思い出しました(^^;

 

あと少しの辛抱!!

と分かっていても、「2月」と思うと、春が恋しくなります(*^^*)

 

 

 

 

 

 

さて、最近ちょこちょこ書いている

「東洋医学 五臓六腑シリーズ?」ですが、すでに「肝」「腎」「脾」について書きました♪

残るは「肺」と「心」です( *・ω・)

 

これまた少し難しい臓腑なので、少々分かりにくいかもしれませんが…(^_^;)

書いていきますp(^^)q

 

 

 

今日は

「肺」

についてです♪

 

もう皆さんお気付き?かもしれませんが、「肺」も西洋医学とはまったく違います(* ̄∇ ̄*)

共通している部分は「呼吸」です (^^)d

 

簡単に書くと西洋医学の「肺」の機能は

・呼吸器

のみです。

酸素を吸って、二酸化炭素を排出しています(^^)v

 

細かくみていけば、呼吸の中にも「外呼吸」や「内呼吸」があります。

まぁ、これも全て「呼吸」に属するものです(^^)

 

 

 

では東洋医学の「肺」はどうなのか?( ・◇・)?

東洋医学でももちろん「呼吸」に関係しています♪

しかし、それだけでなく

・皮膚

・鼻

・大腸

などとつながっていると考えられています(*´ω`*)

 

現代での「アトピー性皮膚炎」「花粉症」「喘息」など…

すべて「肺」に関する病症です(。・ω・。)

 

一見すると、呼吸(肺)と皮膚は関係ないように思われがちですが、実はつながっています♪

これは「医道の日本」という鍼灸師が読む医療雑誌です。

P1010819P1010820

 

今回の特集として「花粉症」について書かれています(*^^*)

ここにはありませんが、「アトピー性皮膚炎」や「喘息」について書かれているものもありますp(^^)q

 

一般的にはあまり知られていませんが、このように皮膚疾患に対しても鍼灸は非常に有効です。

 

 

東洋医学の「肺」の機能ですが

・肺は気をつかさどり、呼吸をつかさどる。

・肺は宣発と粛降(せんぱつ しゅくこう)をつかさどる。

・肺は皮毛(ひもう)をつかさどる。

などです( *・ω・)

 

 

簡単に書くと

肺は呼吸によって外の空気(天の気)を体内にとりこみ、身体全体の臓器の補佐をします。

宣発と粛降は「宣発が呼」で「粛降が吸」です。身体の中から気(空気)を出して、外気(天の気)を体内に取り込み、降ろします。

 

そして、皮毛です(^^)d

喘息の方はアトピー性皮膚炎の方も多いです(もちろん全員ではありません)

肺の気が弱くなると、皮膚表面が弱くなり(衛気が弱くなる)邪気が侵入しやすくなります(>_<)

風邪ですΣ(-∀-;)

風邪を引きやすくなります(´д`|||)

 

 

 

あと少しだけ…(^_^;)

肺は

五志では「憂」

七情では「悲」

です。

憂鬱な気分になると、肺の気が傷つけられて皮膚に影響が出ることがあります。カサカサになったり、赤みを帯びたりします(>_<)

また、中国の古い文献には

「悲しめば気消える」と記載されています。

悲しみ過ぎると肺の気が傷つきます (×_×)

悲しみ過ぎる→気分が落ち込む→憂鬱になる…

 

という形です (。・ω・。)

 

 

いかがでしょうか??(^^;

「肺」や「脾」は難しいですよね( ̄▽ ̄;)

 

季節なら肺は「秋」に属します♪

秋は喘息の方は症状が出やすいですし、空気も乾燥し皮膚もカサカサになります!Σ(×_×;)

 

 

少しでも東洋医学に興味を持ってもらおうと思い、始めたこのシリーズですが…

もしかしたら逆に敬遠されるかもしれませんね…( ̄ω ̄;)

 

しかし、残るは「心」のみです!

これはまた書きます(*^^*)

 

「六腑」に関しては、また考えます(* ̄∇ ̄*)

 

 

では関西でも夕方は「雪」か「みぞれ」と言われていますΣ(ノд<)

まぁ、雨は降るでしょうねΣ(-∀-;)

ちゃんと手洗いうがいをして、風邪予防しましょう(*´ω`*)

長谷川 敬祐