No131,頑固にこだわり過ぎる人( ̄ω ̄;)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝は予報通り「雨」ですね( ̄▽ ̄;)

雨のおかげで湿気があり、乾燥していません♪

まぁその分、太陽も出ないので寒く感じますが…(>_<)

 

 

 

 

 

愛読しているメルマガ「人の心に灯をともす」より…

 

 

【頑固にこだわり過ぎる人】№1975

 

精神科医、斎藤茂太氏の心に響く言葉より…

健康マニアの二人がいる。

食事はできるだけ自然のものをと心がけ、玄米に無農薬の野菜、魚や植物性たんぱく質中心、塩はどこそこの岩塩だ、砂糖もどこそこの三温糖だと、まあ、じつにこだわる。

二人が寄れば情報交換に花が咲き、「なになにはガンの予防になるんだって」「なになには血をきれいにするんだって」などの話で盛り上がる。

しかし、二人には大きな違いがある。

友人と食事に出かけることになったとき、一人はどこまでも健康的な食事にこだわり、友人が誘うところをことごとく否定する。

「あの店は化学調味料ばっかり使っている…そういう料理はこわくて食べられない」

「そんなところより自然食レストランへ行きたい」

結局、友人のほうがこの頑固な人にあわせるはめになる。

いつもそんな調子なので友人もめっきり減ってしまった。

この人と食事に行けるのは、もはや同好の士だけである。

もう一方の人は、ふだんの食事を管理してはいても、友人と食事となると、まるで違う。

友人が「あそこの店に入ってみよう」といえば、「うん、よさそうな感じだもんね」といともあっさり同調し、「あなた、豚肉食べてもいいの?」と聞かれれば「いいんじゃないの、たまには」と平気で食べる。

日ごろのストイックな食生活はどこへやら、友人といっしょのときにはなんでも来い、である。

「食べ物のために生きてるわけじゃないんだから、みんなで楽しむときはみんなで楽しむ。それがいい」

と威勢がいい。

さて、どちらがつきあいやすいかといえば、当然、後者である。

食べるものが合う、合わないの問題ではなく、相手や状況に応じて、必要とあれば日ごろのこだわりをいっとき頭の隅に追いやることができるかどうか、という問題だ。

これだけは絶対に譲れないというものも人間には必要だが、まわりの人間まで巻き込んでもらっても困る。

なにかにこだわること、大いにけっこう。

かたくななこだわり、どうぞご自由に。

ただし、頑固にこだわった結果、気持ちよくつきあえる人を失ってもしかたがないという覚悟があるのならば、の話である。

 

 

『「なぜか人に好かれる人」の共通点』新講社

 

 

「喫茶喫飯随時過(きっさきっぱんときにしたがってすぐ)」

という禅の言葉がある。

お茶を飲むときはお茶を、飯を食べるときは飯を、目の前に出されたものをこだわりなく無心に味わう、という意味だ。

「こだわり」はその人の基準。

その人独自の基準を、周りにまで押しつけるなら、相当はた迷惑な人になってしまう。

ある意味、かたくなな宗教と同じになるからだ。

頑固にこだわり過ぎる人は、気持ちよくつきあえる人を失くす。

「これもいいけど、そっちもいいね」と周りのことも気持ちよく認めるなら、人は集まってくる。

みんなで楽しむときは、こだわりなく楽しみ、面白がる人でありたい。

 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか?( ・◇・)?

皆さまの周りのも健康オタクと呼ばれる方はいらっしゃいますか?(^^ゞ

私は以前少しだけ勤めていたデイサービスの看護職員の方がそうでした…

 

「これは健康に悪い」

「私は死ぬまで健康でいたい」

と言っていました(^^;

 

「これは健康に悪いから食べたらダメ」

と人の食事内容にまで口を出す方でした(><)

 

その方はそのデイサービスを2カ月ほどで退職されたので、そこまでの深い付き合いはありませんでしたが…

 

 

食事はとても大切です(*^^*)

その食べたもので、その人の身体を作っているわけですから♪

 

 

本屋さんに行くと置いてある

「○○は身体に良くないから食べてはダメ!」

という本を見かけます。

 

私は健康オタクではありませんが、一応パラパラと見てみます(^^)v

 

本を出すくらいなのだから、なにかしらの理由はあるのだろうと…

 

 

 

もちろんその人の考え方なので、こだわりを否定するつもりはありませんp(^^)q

でもそんなことを言っていると、何を食べたら良いのか分からなくなります!Σ(×_×;)

 

身体を悪くしたいと思って食事をする方はいないでしょう( ̄∇ ̄*)ゞ

マクドナルドなどのファストフード

加工食品

愛煙家の方

コンビニ等のお弁当

などなど…

 

だれもが「これは少なからず健康に良くないだろうなぁ~」

と思っていると思うのです(^^;

 

 

自分で分かっていながら、それらを食す♪

いいと思います(^^)d

 

 

こだわりをもつことはとても大切です。

しかし、それにとらわれてしまい食事が楽しくなくなると本末転倒な気がします。

 

 

 

よく旅行は

「どこへ行くか」

よりも

「だれと行くか」

のほうが重要だといわれますが、食事も

「何を食べるか」

より

「誰と食べるか」

のほうが大切なときもあると思います(*^^*)

 

ちなみに私は食事に関してはなんのこだわりもありません(* ̄∇ ̄*)

好き嫌いもありませんし(好んで食べないものはあります)、出して頂いたものはなんでも美味しく頂いています(〃ω〃)

 

 

 

では今日は一日雨のようです(^^ゞ

濡れて風邪をひかないように気をつけてください(*´ω`*)

長谷川 敬祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>