No10,高知旅行(*´ω`*)

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様お久しぶりです(*^^*)3日間のお休みを頂き、今日から仕事再開です(^o^)v

そして今日でオープンしてちょうど3カ月になりました♪これからも地域の皆様に貢献できるように出来ることを精一杯頑張りますので、よろしくお願いしますm(__)m

 

皆様は今回のお盆休みは満喫できましたでしょうか?(・・?

これは私個人の感想ですが、今回の休みは「雨に始まり、雨に終わった」気がします(;>_<;)

世間がお盆休みに入った8月9日は台風が来ていて、帰省の新幹線や飛行機に影響がでましたΣ(×_×;)!

そこから雨が降ったり止んだりで、16日の大雨で福知山の方々には多大な被害が出ましたΣ(ノд<)

近年の雨は「降る」といったら一気にドバーっと降るので、大変です(>_<)

 

 

さて私はというと、今回頂いたお休みのうち17日18日と彼女と高知県へと旅行に行ってきました(^^)d

高知城や桂浜、坂本龍馬記念館へ行ってきました♪

 

私の父や姉は幕末が好きですが、私はそうでもありませんでした。私が好きになったのは2010年大河ドラマ「龍馬伝」がきっかけですp(^^)q

彼女はマンガ「お~い竜馬」を読んでいて好きになったそうです( 〃▽〃)

 

彼女の家は尼崎なので、一旦高速度道路を尼崎で降りて、家まで迎えに行きました。

彼女の家に朝7時に迎えに行く予定だったので、私は5時過ぎに起きて5時半ごろ出発しました(^^ゞ

 

阪神高速に入ってそのまま淡路島に入りました。何度か淡路島に遊びに来ましたが、いつきても自然豊かな場所だなぁと感じさせてくれます( ̄∇ ̄*)ゞ

淡路島から徳島県に入るのに2時間もかかっていなかったと思います(^o^)大鳴門橋からは「鳴門の渦潮」を見ることができました(*^^*ゞ

 

そのまま高速を走っていると朝が早かったものですから急に眠たくなりまして、どこかのサービスエリアに入り少しだけ仮眠しました(-.-)Zzz・・・

20分ほど寝たらすっきりです(*^▽^*)

そこから高知まではノンストップで行けました♪

 

高知インターを降りたのは11時30分くらいで、尼崎から休憩込みで4時間半ほどで着きました(^^)v

 

事前に友人に美味しいものや場所を聞いて「ひろめ市場」に行きました(≧∇≦)

コインパークに車を止めてその市場に行きました。高知城から歩いてすぐのところです(^o^)v

 

高知といえば「鰹のたたき」です(≧▽≦)その市場には人があふれていました(@ ̄□ ̄@;)!

入口に屋台風のラーメン屋さんがあり

「へ~高知はラーメンも美味しいのか」

と思い、良く見ると

「高知県産の海産物から出汁をとった博多ラーメン」

と書いてありました。

「なんで高知で、しかも観光客がくる市場の入口に博多ラーメンやねん!」

「しかも博多は豚骨やろ?高知県産海産物って…」

と思わずつっこんでしまいました(´-ω-`)

 

市場の中に入ると活気づいていました(*^^*)

色々物色しているとすでに12時半を回っていましたΣ(゜Д゜)!

でもどこもいっぱいで座るところがありません(×_×)

 

ふと見るとカウンターだけのお店でしたが、あいていたので二人で座りましたp(^^)q

色々メニューはありましたが、やはりここは名物を頼みました♪

「鰹のたたき丼」です。そして「うつぼのから揚げ」を注文しましたo(^o^)o

出てきた鰹のたたきに彼女とふたりでびっくりしました!( ̄□ ̄;)!!

一切れがデカイのです!(写真を撮るのを忘れました(;_;))

そして「うつぼのから揚げ」も淡白な白身でとても美味しかったです(≧▽≦)

 

 

ご飯を食べて高知城へ行こうとした時、ふと見ると「武市端山先生殉節之地」と書かれた石碑があったのです!

「ここは武市さんが投獄されていた場所なんや!(@ ̄□ ̄@;)」

と思い思わず写真を撮りました。

P1010458ここで武市さんが投獄されていたと思うと歴史を感じます(*^^*ゞ

武市さんのことを知らない方は是非調べてみてください。「武市半平太」で検索すればすぐ出てくると思います(^^)

武市さんのことを書くとすごーく長い文章になるので止めておきます(*_*)

 

高知(土佐)は坂本龍馬をはじめ岩崎弥太郎や板垣退助、武市半平太、山内容堂、中岡慎太郎など数多くの歴史に名を残している人物を輩出しています(^o^)v

歴史ある町を訪れると当時はどうだったのかなぁと考えます

 

このあと高知城へと行くのですが、続きはまた明日(  ̄▽ ̄)

このままだと高知旅行だけで3日間くらいかかる気がします(* ̄∇ ̄*)笑

長谷川 敬祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>