No183,しびれは放置するとまずい…( ̄□ ̄;)!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝も冷え込みましたねΣ(-∀-;)

最後の寒気だと信じたいです(^_^;)

 

今日は朝は寒くても、日中は平年並みに気温が上がるみたいです♪

 

 

 

 

さて、皆さんも一度はしびれを経験されたことはあるのではないでしょうか?( ・◇・)?

一般的にいうと

「正座した後」

でしょうか?

もしくは自分の手を枕代わりに昼寝などをしたときでしょうか?(^^ゞ

 

これらのしびれは一過性のものなので、心配はまずありません(^^)

しかし、日常で「しびれる」という方は要注意ですΣ(゜Д゜)!!

 

ではそもそもなぜしびれが起こるのでしょう??(・・??

 

実はしびれの原因は多岐にわたり、ここで説明すると膨大な量になってしまいます( ̄▽ ̄;)

 

正座からのしびれのような軽度のものから、脳の疾患など重度のものまであります(>_<)

ここでは一般的によく起こる整形外科的な観点から書きたいと思います(^^)v

 

 

まずしびれとは

「ジンジンする」

「触っているのに、感覚が鈍い」

「力が入らない」

などが挙げられます(。・ω・。)

皆さんも一度は経験したことがある「正座の後」を思い出してみてください(^^ゞ

 

 

しびれ原因は

1、神経障害によるもの

2、血流障害によるもの

3、運動麻痺によるもの

がおおまかに挙げられます。

(今回は運動麻痺は置いておきます)

 

神経障害や血流障害が起こると、そこから末端がしびれます(×_×)

ではなぜそのようなことが起こるのでしょう??( ・◇・)?

 

ここでも分かりやすく「正座の後」で説明したいと思います(*^^*ゞ

正座は

このような形ですよね?

よく見ると膝が急激に曲がっています(*_*;

この膝の部分で「神経」や「血管」が圧迫され、それより下の部分(ふくらはぎ)や足の裏などがしびれます(@_@;)

この状態で太ももがしびれることはありません(^^ゞ

 

正座の後のしびれは正座が終わると、数分したら正常に戻ります♪

 

この「神経や血管が圧迫された状態」が身体のどこかで起こっているから、日常でしびれが起こるのです。

 

よく起こるものとして手では

頸椎ヘルニアなどの頸椎疾患

手根管症候群

などが挙げられます。

足のしびれなら

腰椎ヘルニアや脊柱管狭窄症などの脊柱疾患

などが挙げられます。

 

これはよく起こる疾患なので、教科書などに必ず記載されていますし、病院などでも必ず疑ってかかります(。・ω・。)

しかし、MRIなどで調べても原因がわからない…

 

そんなこともよくあることです( ̄▽ ̄)ゞ

 

 

神経や血管は筋肉の間を走行しています( *・ω・)

その周辺の筋肉が固くなると、神経や血管を圧迫して「しびれ」が起こります!Σ(×_×;)!

 

軽度な疾患の場合で、脊柱疾患でないものの多くはこれに当てはまります(;・ω・)

このような筋肉の固さからくる疾患で

手なら胸郭出口症候群

足なら梨状筋症候群

があります。

これらは筋肉が固くなり、神経や血管が圧迫されれ起こる症状の代表的なものです(^^ゞ

 

しかし、それはなにも胸郭出口症候群や梨状筋症候群に限ったことではありません!!

どこでも起こることなんです( ̄□ ̄;)!!

 

治していくには、まずその「圧迫されている場所」を突き止めないといけません( ̄^ ̄)ゞ

それは私たちのような施術者がおこないます♪

 

 

そして、しびれを放置するとなぜいけないのか??

それは…

 

 

 

筋肉が委縮してくるからなんですΣ( ̄ロ ̄lll)

筋肉は神経から伝わる電気信号で動きます。

それは脳からの指令です(。・ω・。)

脳からの指令で筋肉は動き、そして日常生活を送っています♪

 

しかし、身体のどこかで神経や血管が圧迫を受け、うまく指令が伝わらない場合

「しびれ・ジンジンする」

「感覚が鈍い」

「力が入らない」

といった症状が出ます!Σ(×_×;)!

 

これが長い間続くと指令が伝わらないわけですから、筋肉が使われなくなり、そして使えなくなります。

使われなくなった筋肉は委縮して、どんどんやせ細ってきますΣ(ノд<)

 

委縮した筋肉を元に戻すには、ものすごく時間のかかるリハビリが必要になります(。>д<)

これは私たちのような施術者がどうこうできることではありません(><)

 

一回委縮した筋肉を元に戻すには、ご本人のリハビリ以外に元に戻す方法がありません!!

 

だから

しびれを放置すると筋肉が委縮してしまい、日常生活で力が入りにくくなるなど支障をきたします。

 

 

しびれは「痛み」より我慢できるので、案外放置しがちです(^^;

しかし、施術者側からすると「しびれ」はよくない兆候なんですΣ(-∀-;)

 

筋肉が委縮する前になんとかその原因を改善する必要があります(。・ω・。)

 

 

 

 

 

今日は「しびれ」について簡単に分かりやすく書きました♪

最初に書きましたが、しびれの原因は本当に多岐にわたります(>_<)

ここで書いたものは、日常でよくおこる軽度なもの(筋肉が固まり起こる)を書きました。

分からないことがあれば、いつでもご連絡ください(^^)v

 

では今日の昼から?明日から?訪れる春の陽気を楽しみたいと思います(*´ω`*)

長谷川 敬祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>