No193,新しい発見はスマホより「人」(^^)v

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨夜は結構な量の雨が降っていましたね(*_*)

気温が急に下がり、今朝も寒いです(>_<)

今週は雨でこんな感じの気候が続くみたいですΣ(-∀-;)

 

桜が咲き、さっかく春らしくなったと思ったのに…(@_@;)

 

 

 

 

 

先日、信州大学の入学式で学長の山沢清人氏が面白いことを言っていました♪

ネットニュースにも出ましたねp(^^)q

興味がある方は読んでみてください(^^)v

題名は「スマホをやめるか 大学をやめるか」

というやつです(。・ω・。)

 

簡単にまとめると

「スマホなどでネットやゲームばかりしないで、本を読み、新しい人と出会い、日々新しい発見をしましょう」

というものです(*´ω`*)

 

以下、本文からの抜粋です↓

 

皆様は、もしかしたら、個性の発掘に没頭する「自分探し」をしませんでしたか。また、これからしようと思っていないですよね。若い時の自分探しは勧められません。特に、解剖学者養老孟司さんは、「個性は徹底的に真似をすることから生まれる」とまでおっしゃられています。伝統芸能の世界に見られる、師匠と弟子の個性の違いを指摘されてのことです。

個性を発揮するとは、なにか特別なことをするのではなく、問題や課題に対して、常に「自分で考えること」を習慣づける、決して「考えること」から逃げないことです。自分で考えると他人と違う考えになることが多くなり、個性が出てきます、豊かで創造的な発想となります。

 

自分の時間を有効に使うために、自力で時の流れを遅くする必要があります。

そのために五つの方策が提案されていることは良く知られています。

一、学び続けること。新しい経験が得られて、時間感覚がゆっくりとなる。

二、新しい場所を訪ねる。定期的に新しい環境に脳をさらす。

三、新しい人に会う。他人とのコミュニケーションは脳を刺激する。

四、新しいことを始める。新しい活動への挑戦。

五、感動を多くする。

 

 

 

どうでしょうか??

まだまだありますが…(^^ゞ

 

最初に書いた

「自分探し」

ですが、これは本当にそう思います♪

個性とは何か特別なことをするのではなく、問題や課題に対して常に「自分で考えること」を習慣づけること

とあります。

 

私たちは小さなころから同じ教育を受け、全員と同じならそれが正しいと教えられてきました。

クラスでひとり違うことをすると先生から注意されたのです(^^;

もちろん他人に迷惑をかけるようなことや、輪を乱すことはダメなのでしょうが、そんなことではないのです。

創造ある問いに対してひとりだけ違う答えを出しても、それが間違いではなく、そんな考えもあると捉えなければいけません!

 

 

そして5つの方策です。

今はスマホひとつで世界をつながることができます(*^^*)

SNSでいつでも友人とつながっています(^o^)

 

しかしそれは「今まで」の自分です(・ω・)

新しい世界ではありません(>_<)

 

この話しは大学の新入生に対しての話しなので18~20歳くらいの若者に対してですが、これが30代でも40代でも50代でも同じことがいえると思います!

常に新しいことを自分に対して入れる

という気持ちが大切です(*´ω`*)

 

できることからでいいと思います♪

 

何か新しいことに挑戦し、そこで必死に考え、自分で自分なりの答えを出すことが個性なのでしょう。

そこに正解はないと思います(^^)

 

何か相談したいことがあれば、スマホ(SNS)を使うのではなく、実際に人に出会い、そこで話す。

メールなどで済ませることができるものもあると思いますが、そこはやはり実際に会うということが大切になってくると思います(^^)d

 

 

ネットが普及し、スマホやタブレットひとつで世界中とつながることができます♪

便利なものです(* ̄∇ ̄*)

しかし、その便利な物に頼りすぎる、すがりすぎるというのも良くないと思います(>_<)

 

最後はやはり「人」と「人」のつながりや出会いだと思います(*^^*)

 

 

 

では最近の気温差で体調を崩している人が多いみたいです!Σ(×_×;)!

これだけ寒暖差があれば仕方がない気もしますね(^_^;)

温かくしてお過ごしください(*´ω`*)

長谷川 敬祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>