No16,経絡と経穴( ̄∇ ̄*)ゞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝は昨日走れなかったので、朝6時過ぎに起きて走ってきました(^^)v

約2週間ぶりの朝活です♪

最近の雨のせいか?すごく涼しくなりました(^o^)v走れば当然汗を掻きますが、以前とくらべると2/3くらいって感じですp(^^)q

涼しいので朝散歩したり、私のようにジョギングしている人が多くなっていました(*´∀`)

 

ここ数回のブログは私のネタばかりだったので、今回は少し東洋医学のお話しを…(*^^*)

 

 

一般的に東洋医学と聞くとすぐに連想されるのは「ツボ」や「気」でしょうか?( ・◇・)?

ツボのことを専門的には「経穴」<けいけつ>と言います。

そして経穴と経穴を結ぶ道のことを「経絡」<けいらく>と言います。

 

人の身体を「日本」に例えると経穴は「駅」で経絡は「線路」です(^^)d

P1010490これは私のお店のカウンターに置いてある「経穴君人形」です。線が「経絡」で点が「経穴」です(^^)

経絡は大きく分けると14つあり、その中に経穴は361個あります(考え方、流派によって多少前後します(^_^;))

この14つのうち、

「督脈」<とくみゃく>と呼ばれる身体の背中中央にある経絡と

「任脈」<にんみゃく>と呼ばれる身体の正面中央にある経絡があります。

この2つは単独経絡ですが(と、いっても気の流れでつながっています…(^^ゞ)それ以外の12経絡(左右あります)は全てつながっています(^o^)

 

12個の経絡名をここにあげると漢字だらけになるので、それはひかえさせて頂きます( ̄∇ ̄*)ゞ

(例、手の太陰肺経 足の陽明胃経 手の少陰心経 足の太陽膀胱経など…これらが12個あります)

 

経絡名は知らなくても経穴名で有名なものは皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか(・・??

「足三里」<あしさんり>

「三陰交」<さんいんこう>

「百会」<ひゃくえ>

「関元」<かんげん>

「至陰」<しいん>

などが有名でしょうか?(*´ω`*)?

 

「足三里」は疲労回復や胃もたれなど、

「三陰交」は婦人科系疾患に

「至陰」は逆子治療

などに効果があります(^^)v

 

そしておそらくもっとも有名なのが

「合谷」<ごうこく>

「太衝」<たいしょう>

この2つでしょうか?

この2つは手、足の人差し指と親指の間にありますp(^^)q

P1010488手にあるのが「合谷」です。

P1010486足にあるのが「太衝」です。

これらは2つ合わせて「四関穴」<しかんけつ>と呼ばれ、よく治療に使われる経穴です♪

 

先ほど人の身体を「日本」に例えて

経穴が「駅」

経絡が「線路」

と書きましたが、駅には「普通」しか止まらない駅もあれば、新快速や特急が止まる駅、新幹線が止まる駅などがあります (^^)d

人がよく集まる駅は新快速や特急が、もっと人や物が集まる駅は新幹線が止まりますo(^o^)o

 

それと同じような感じで「気」がいっぱい集まる経穴があります。

それが

「合谷」と「太衝」です(*´∀`)

この2つは日本で言うなら「東京」と「大阪」みたいなものです♪

 

自分の指で軽く押してもいいし、お湯などに手足をつけて温めてもいいし、ドラッグストアでせんねん灸を買ってきて自分でお灸するのもいいかもしれません(*^▽^*)

お灸に興味があり、ご自身でされたい場合は私が経穴に印をつけますので、お気軽に聞いてください(^^)v

 

経穴にはそれぞれ違う効果があるのですが、この「合谷」と「太衝」は様々な疾患に効果があります( *・ω・)

 

この2つ以外だったらあとは

「三陰交」がオススメです(*^^*ゞ

これは

「三つの陰の経絡が交わる」場所なので「三陰交」と名付けられました(^^)d

婦人科系疾患に良く効くので、ここも温めると良いと思います(*´ω`*)

 

 

鍼灸師でも東洋医学を苦手とする人は多いです(>_<)

それは

「気」などの概念を信用していない

「西洋医学」とはまったく異なる考え方なので、難しく感じて避けてしまう

などが主な理由です(。>д<)

 

人それぞれの考え方がありますから、それはそれで良いのですが

せっかく鍼灸師という東洋医学に携わる仕事を選んだのだから、西洋医学だけでなく東洋医学も勉強したらいいのになぁ~

と思います(^^ゞ

(ちなみに東洋医学はあまり信用していないけど、占いや風水は信じているという女性鍼灸師に出会ったことがあります。考え方の大元は同じなのに( ̄▽ ̄)ゞ…と思ったことがあります( ̄ω ̄;) )

 

皆さんもとっつきにくいかもしれませんが、難しく考えないで気軽に知ってもらえたらと思います♪

 

もし疑問に思われることがありましたら、いつでもご連絡くださいね(*´∇`*)

 

ただ…ひとつだけ言っておくと、経穴(ツボ)を刺激したからといっても劇的な効果があるわけではありません(>_<”)

そこには

「どんな刺激の仕方がいいか?(鍼orお灸or指圧など)」

「刺激の深さ(鍼ならどれくらい深く入れるのか…角度は?)」

などが関わってきます(^^;

 

そこが分かるのが「鍼灸師」です(*^^*)

皆様のお役に立てたら幸いです( 〃▽〃)

長谷川 敬祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>