No208,ケガをしてからは…(・_・)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝も心地よい天気ですね(*´ω`*)

日中は25℃を超えますが、朝晩は少し冷んやりします。

自転車を20分も乗ってると汗が出てきます(^^ゞ

汗をかくことは嫌いではないので、冬は本当に汗をかかないので気持ちがいいです( ̄∇ ̄*)ゞ

 

 

昨日載せた「花」ですが、友人から

「それは<れんげ>だよ」

と教えて頂きました(*^^*)

やはり女性は花に詳しい方が多いです♪

ありがとうございますp(^^)q

 

 

さぁ4月も下旬になり、高校生なら各部活で夏に行われる

「インターハイ」

の都道府県予選が始まるころですね!

 

例えばサッカーなら「冬の選手権」

バスケットボールなら「ウィンターカップ」

など冬にも大きな全国大会があるので3年生はそこまで残ることが多いですが、多くのスポーツは夏のインターハイで「引退」するでしょう(。・ω・。)

予選は各スポーツによって異なりますが、そろそろ始まります。

 

そして必ずではないですが、なにかと起こるのが

「突然の怪我」

ですΣ( ̄ロ ̄lll)

 

「2週間後に予選が始まるのに、足首を捻挫してしまった…」

なんてことは実に多くあります(@_@;)

 

そのような場面に何度も立ち会わせてきました(^^;

 

3年生でこれが最後の大会…

どうしても試合に出れるようにしたい…

 

試合に起用する・しないは監督が判断するものですからトレーナーである私たちに決定権はありません。

しかし監督に

「あの選手は使えるか?」

と聞かれて

「なんとか行けます!!」

と答えたいですよね(*^^*ゞ

 

ケガから試合に出るまでは、どうしても回復の時間がかかります(>_<)

それなりの大きなケガをしてしまい、3日後に試合がある…

 

こんな場合はかなり難しいですが、それでもなんとか試合に出れるようにしたいと思うのがトレーナーですp(^^)q

いかに早く回復させ、試合に出れるようにするか…

 

ここはある意味トレーナーの腕の見せ所かもしれません(* ̄∇ ̄*)

 

そこはなんといっても

「経験」

がものを言います( *・ω・)

つまり

「ケガの評価」

です。

 

1日安静にして、アイシングをいっぱいやる。

少なくても3日は固定が必要だ。

これならテーピングを巻いてなんとか試合には出れる…

 

などです♪

 

こればっかりはいくら勉強しても、現場での経験がないと判断ができません!Σ(×_×;)!

 

ありがちなミスで

早く試合に出れるようにしなくてはいけないから、本当は固定・安静が必要なのにそこを怠り、早期復帰させてしまった

ということはよく起こります(^_^;)

選手は当然焦ります( ̄□ ̄;)!!

そこでトレーナーも一緒になって焦ってしまうとダメなのです(>_<)

 

トレーナーは常に冷静に判断しなくてはいけません!

選手の気持ちをくみ取るのは当然ですが、そこを一緒のように焦ってはいけないのです。

 

私も22~26歳くらいの時は色々と失敗しましたね( ̄▽ ̄;)

それもまた経験で、今後に活かせています(*^^*)

 

スポーツの現場で活動しているトレーナーなら誰でも1度は経験することでしょう(^^ゞ

それを知ってまた大きくなるのです(*´ω`*)

 

トレーナーはチームを影で支えることが仕事で、決して表には出ない・出てはいけない存在です。

だからこそいつも冷静に判断しなくてはいけません。

 

私もまだまだ若いですが、今トレーナーを目指している学生や若いトレーナーには色々と経験してほしいと思います(*^^*ゞ

 

 

ちょっと堅苦しい感じになってしまいました( ̄▽ ̄;)

有休を使い来週を休む方は明日から11連休になるとか!

4月は雨が多かったので、連休は気持ちのよい天気になるといいですね(*´ω`*)

長谷川 敬祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>