No259,身体から水分を出す、汗をかく(*^^*)

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は本当に朝から夜まで雨でしたね( ̄▽ ̄;)

その影響で湿気がかなり高いです(@_@;)

店内は気温は24,2℃と過ごしやすいですが、湿度は73%です!Σ( ̄□ ̄;)

お客様がいないとき、そして冷房が必要ないときは基本入口のドアを開けっ放しにしています♪

が…

やはりムシムシします(-_-;)

 

 

 

 

人は皮膚から汗をかいています(。・ω・。)

目に見えない汗=不感蒸泄

です。

これは頭皮から足の裏まで、全身汗をかきます♪

暑い→汗をかく→自分の汗で皮膚表面を濡らし、冷やす→体温を下げる

簡単に書くとこんな感じです(^^)v

 

しかし最近はどこに行っても「冷房」がきいています(>_<)

スーパーから本屋さん、美容院、飲食店、私のような治療院などなど…

もちろん仕事の場で冷房がかかっているところも多いと思います( *・ω・)

 

冷房で身体を冷やすと、皮膚が冷やされます。

これでまず、「汗をかかない、かきにくい環境」になります(*_*)

冷房で冷やされると末端の血管が収縮し、血流が悪くなります!Σ(×_×;)!

女性の方に多い

「冷え性」

です(@_@;)

冷房で冷やされる→汗をかかない→末端が冷える→冷え性

ということです(>_<)

 

そしてこれは女性に限らず、男性もですが、汗をかかないと身体から「水分」が出ていきません!

体内に水分がたまるということは「体内に湿気がたまる」

ということです(少し語弊があるかもしれませんが、分かりやすいように簡単に書きました)

 

それでいなくても日本人は体質で湿気を溜めやすい人が多いのですから(^^;

 

まして今日のように

「気温がそこまで上がらない」

「湿気は高い」

となると不快感がすごいですよねΣ(-∀-;)

汗をかきたくても、ジメジメするだけでそこまでの汗をかきません(×_×)

 

身体に湿気がたまるとしんどいものです(*_*;

そんなときの改善方法は…

 

 

 

 

 

 

 

「汗をかく」しかありません(  ̄▽ ̄)

(鍼灸治療では湿邪を身体から追い出すことをします)

どんな方法でもいいのです♪

・仕事で汗をかきたくないなら、帰り道は少しいつもより歩いてみる。

・ジョギングなどが難しければ、2~3分でいいのでストレッチをしてみる。

・シャワーではなく、しっかりと湯船につかる。

などなど…

 

この時期はシャワーで済ませる方が多いと思います。

私も一人暮らしのころ、この時期はそうでしたから(^^ゞ

 

でもやはり湯船につかるというのは疲労が取れるばかりではなく、必ず「汗」をかくので代謝がよくなります(^o^)

夏場の暑い時期でも湯船につかってください(*´ω`*)

 

汗をかく方法は色々とありますが、私のオススメは上記したような「お風呂」です♪

これなら毎日できそうですからね(^^)v

湿気を溜めない、夏の冷え性を改善するには毎日続けないとダメなので…

だからお風呂がおススメなのですp(^^)q

 

もちろん毎日続けられる方はジョギングやウォーキング、ストレッチなどもやってみてくださいo(^o^)o

 

では曇り空ですが、雨は大丈夫だと思います♪

良い週末をお過ごしください(*´ω`*)

長谷川 敬祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>