No431,脳を錯覚させる(*´ω`*)

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月ももう一週間が過ぎそうですね(^^ゞ

なんて早いのでしょう(  ̄▽ ̄)

 

さすが

1月=行く

2月=逃げる

3月=去る

ですね(^^;

 

久しぶりに愛読メルマガ 人の心に灯をともすより

【錯覚の法則】№2301

 

サンリ会長、西田文郎氏の心に響く言葉より…

 

45年以上に渡って脳の研究をしてきた結果、いま、ひとつ断言できることがあります。

それは、「脳が『正しい』と思っていることのほとんど、99パーセントが錯覚」だということです。

景気が低迷し暗いニュースが飛び交うなか、仕事もうまくいかないし、売り上げは落ち込む一方だと嘆く人がいますが、それは「錯覚」。

結婚したくてもいい人がいない、出会いがない、私は結婚には向いていないというのも「錯覚」。

子どもが言うことを聞かない、思うように育ってくれないというのも「錯覚」ですし、人間関係がうまくいかないのも、お金がなかなかたまらないのも、すべて脳が起こしている「錯覚」の結果です。

人は、「肯定的錯覚」をする人と、「否定的錯覚」をする人の2種類しかいません。

脳の特性上、正反対のふたつのことを同時に思考するのは不可能だからです。

前述したような人は、うまくいかないことを放棄(ほうき)する「否定的錯覚」だけをする人。

苦労を背負い込み、自分は苦労でがんじがらめになっているという錯覚に陥(おちい)っています。

「自分はダメかも」「自分には無理なんだ」と思うことで、現実から逃避しようとする傾向にあります。

否定的なことばかりを口にしていると、脳はどうなると思いますか?

否定的な記憶データが脳に強烈にインプットされ、脳はそのとおりにはたらいてしまうのです。

「無理だ」と脳に問いかけると、まだやっていないことにもかかわらず、当然無理だと想像し、記憶づけてしまう。

結果、口に出したとおりの未来が待ち受けています。

一方で、「肯定的錯覚」をする人はどうでしょうか。

努力を苦しいとは思わず、楽しんでいる。

常に前向きで、まだ経験していないことでも、「自分ならできる」と根拠なき自信に満ちている。

当然、発する言葉も肯定的ですから、脳にも肯定的な条件づけをします。

脳は「できる」と勘違いをして、いつの間にか夢を実現させてしまう。

小さな町工場を世界に通じる「ホンダ」に押し上げた本田宗一郎は、超肯定的錯覚を起こしていた代表例といってもいいでしょう。

よく考えてみてください。

私たちは誰もが赤ちゃんでした。

実は赤ちゃんは、超ポジティブ思考なのです。

ハイハイをした赤ちゃんは、何度ひっくり返っても、転んでも、頭をぶつけても、「立とう」とする行為をやめません。

もし仮に、否定的な赤ちゃんがいたとしたら、「100回も転んだのだから、きっと立つという目標は無理なんだろう。やめよう」と諦めるはずです。

ですが、そんな赤ちゃん見たことがない。

何度転んでも立ち上がり、いつの間にか当たり前のように目標を達成し、歩けるようになります。

私たちは、大人になるにつれ、世間の常識にとらわれ、さまざまな情報に操作されるうちに、否定的な思考を取り入れるようになってしまったのです。

小さな常識の枠のなかで物事を考え、判断をし、結論を出そうとするから、「どうせ無理」と自己防衛本能が出てくる。

そして、いつの間にか、否定的な脳、否定的なスーパーコンピュータがつくられてしまうのです。

 

 
『錯覚の法則』大和書房

 

 

『悲しいから泣くのではなく、泣くから悲しいのだ』という心理学の有名な言葉がある。

同様に、「楽しいから笑うのではない、笑うから楽しいのだ」ということも言える。

つまり、先に「笑顔」という肯定的錯覚をすることで、「機嫌よく」「明るく」「楽しく」「愉快」になってくる。

逆に、いつも、「怒った顔」「ツラそうな顔」「イヤそうな顔」「不機嫌そうな顔」をしていると、「不機嫌」「ツライ」「イヤ」「暗い」「不愉快」な気持ちがどんどん加速する。

仕事にしてもプライベートにしても、困難な状況になったとき、ある人はその中から「肯定的」な面を探し、明るい言葉(ツイてる、楽しい、うれしい、しあわせ、できる)を発し、ニコニコと笑顔で立ち向かう。

逆に、「否定的」な面ばかりを探し出し、暗くてネガティブな言葉(不平不満、グチ、泣きごと、悪口、文句)ばかりを発し、不機嫌で不愉快そうに、他人やまわりのせいにするだけの人もいる。

肯定的錯覚をする人には、根拠のない自信がある。

錯覚の法則を身につけたい。
 

■メルマガの履歴(バックナンバー)と解除はこちらから
http://merumo.ne.jp/00564226.html

 

 

 

 

「錯覚」

と聞くと何か嫌な?イメージがありますが、脳を良い方向に持っていくために必要なのでしょう♪

私は最近この西田先生の本を読みました( *・ω・)

非常に面白かったです(*^^*)

今回の内容にある

「錯覚の法則」という本です♪

「西田文郎 錯覚」の画像検索結果

本当に面白かったので、皆さまも是非読んでみてください(^^)v

へこんでも、起き上がる方法などが書かれています(^o^)

 

では週末はまた少し寒くなるそうです(>_<)

インフルエンザが流行っています!!

十分お気を付けくださいm(__)m

長谷川 敬祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>