No441,腰という漢字は…(  ̄▽ ̄)??

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月ももう少しで終わろうとしていますが、まだまだ寒いですね(^^;

この時期の気候のことを

「三寒四温」

というそうです(。・ω・。)

簡単にいえば「寒い日が3日あり、暖かい日が4日ある」ということ。

もちろんこんなにきっちり離れているわけではありませんが…

今週はそれなりに寒いようです(^_^;)

 

 

 

突然ですが、この漢字は読めますか?

「腰」

 

 

 

普通読めますよね(* ̄∇ ̄*)

正解は

訓読みで「こし」

もしくは

音読みで「よう」

です。

 

おそらく小学校で習う漢字ではないでしょうか?(・・??

 

この腰という字をよく見てください。

「月」と「要」から成り立っています。

 

「月」は「にくづき」です。

「月」は身体を意味しています。

 

つまり月=身体です。

ちなみに身体の多くの臓器などにこの「月」が使われています

「肝臓」「腎臓」「脾臓」「心臓」「大腸」「脳」「小腸」「肺」「胆のう」「膀胱」などなど…

 

そしてその身体(月)の「要」に当たる場所が

「腰」

となります( *・ω・)

 

東洋医学的も大事な場所ですから、

「腰は冷やしてはいけない」

となっていますし、慣用句などにも

「腰が抜ける」

「腰が砕ける」

「(話しの)腰を折る」

「腰を掛ける」

などが挙げられます。

 

腰という場所は日本人にとってとても大事にされた部分なのですね(*´ω`*)

 

女の子はよく「腰を冷やしちゃいけない」と言われます。

まぁ女の子に限ったことではありませんが…( ̄▽ ̄;)

 

腰は「身体の要」なのです(。・ω・。)

 

ぶっちゃけ足をケガしても腕をケガしても、なんとか日常生活は送れると思います。

しかし、ぎっくり腰をやってしまえば歩くことすら、下手したら布団から起き上がることができません(>_<)

皆さん、腰を大切に・大事にしましょうp(^^)q

長谷川 敬祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>