No62,保険( ̄∇ ̄*)ゞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は久しぶりに太陽が顔を出してくれましたね(*^^*)

昨日の夜は急に冷え込み、寒かったです(><)

やはり天気予報士さんが

「この時期は雨が上がると気温が下がる」

と言っていましたが、その通りになりました(  ̄▽ ̄)

 

 

 

私の友人から

「なんでここは保険がきかへんの?」

と言われたことがあります(^^ゞ

 

ホームページの「良くあるQ&A]にも書いてありますが、少し詳しく書かせていただきます(^^)v

 

鍼灸院の場合「保険」適応される疾患は決まっています。

 

 

 

 

<健康保険で受けられますか?>

次の病気については鍼灸で健康保険がうけられます。

神経痛…例えば坐骨神経痛など。

リウマチ…急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。

腰痛症 …慢性の腰痛、ギックリ腰など。

五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。

頚腕症候群…頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。

頚椎捻挫後遺症…頚の外傷、むちうち症など。

その他これらに類似する疾患など。

 

 

<患者さんの保険取り扱い手続きは次の手順で行って下さい>

先ず、これからかかろうとする鍼灸院にお問い合わせ下さい。

その鍼灸院へ「同意書」と云う用紙をもらいに行って下さい。

同意書を、日頃治療を受けておられる医院、病院等に持参されて必要事項を記入して戴いてください。なお、同意書の代わりに、病名、症状及び発病年月日が明記され鍼灸の治療が適当であると判断できる診断書でも結構です。

記入済みの同意書、保険証と印鑑を鍼灸院に持参して頂ければその後の手続きは、鍼灸院で行います。

 

 

<注意事項>

鍼灸の保険適用につきましては、次ぎの事項にご留意下さい。

その病気は、先に医師の治療を受けていること。

保険で鍼灸を受けている期間、その病気についてのみ医院、病院にかかれません。他の病気の治療は受けられます。

同意書を書いて頂く医師は日頃かかりつけの先生がよいです。

最初に医師の同意を受けてから、それ以後は、3ヶ月毎に再度、同意が必要です。
但し、再度の同意は同意書に記入してもらう必要は無く口頭で結構です。

保険の種類によっては、取り扱いが出来なかったり、患者さん本人が手続きをしなければならないものもありますので鍼灸院にお問い合わせ下さい。

 

 

 

これは日本鍼灸師会のホームページから引用したものです♪

つまり上記されている疾患に対して「保険」適応となります(^^)d

 

ちなみに接骨院、整骨院さんの保険は「急性外傷」のみ保険適応です。

「急性外傷」とは…「捻挫」 「打撲」 「挫傷」などです(肉離れも含まれます)

「骨折」や「脱臼」も適応ですが、ドクターの同意がいります(^^ゞ

 

肩コリや慢性腰痛、腱鞘炎などの「使い痛み」、加齢にともなう膝痛、ジョギングをしていての膝痛など…

「慢性疾患」は「急性外傷」ではないので「保険適応外」です(>_<)

 

その点、鍼灸の保険は「慢性疾患」にも適応されますが、

「ドクターの同意書」が必要になります(。・ω・。)

 

接骨院などは「骨折」「脱臼」を除けば「ドクターの同意」はいりません。

「委任払い」

ということになります(  ̄▽ ̄)

 

 

記載されていますが、同じ疾患は「鍼灸院」と「病院」の2か所で保険は使えません( ̄□ ̄;)!!

どちらか一方になります(>_<)

 

つまり整形外科で「ギックリ腰」も診てもらい(保険を使います)、そこのドクターに

「鍼灸院でギックリ腰を診てもらいたいから<同意書>を書いてほしい」

と頼み、書いてもらったとします。

 

そうすると、その疾患(今回でいうとギックリ腰)は「病院」で診てもらうことはできなくなります(@_@;)

(その他の疾患は大丈夫です♪)

疾患1部位に対して、保険は1か所のみです(* ̄ー ̄)

 

 

そしてその「同意書」の効果は

「3カ月」しか効果がありません(。>д<)

3カ月がたつとその都度ドクターに「同意書」を書いてもらうか、口頭で許可をもらわないといけません(^_^;)

 

これらはすべて「患者さん」自ら行うことですΣ(-∀-;)

 

 

これらももちろん「保険を使わない理由」ですが、一番の理由は

時間をかけても改善したい

からです(*´ω`*)

鍼灸の保険適応疾患は決まっていますし、例えば「膝の痛み」が「骨盤のゆがみからきている」ならそれは「保険適応外」になります!Σ(×_×;)

 

私は改善点が分かるまで「トコトン」その疾患に向き合いたいと思っていますp(^^)q

それには時間がかかることもあります( ̄▽ ̄;)

 

それは二の次なんです♪

まずは「治すこと」

「原因をはっきりさせること」

が重要です(*^^*)

 

それが分からないと「どのようにアプローチして良いか」が分かりません(>_<)

 

その他にも「理由」はありますが、ここでは詳しく書けません( ̄▽ ̄)ゞ笑

 

来店されるお客様にとって一番良いことをしたい!

 

それが私がここをオープンした1つの理由です(^o^)v

 

実費治療になるとお客様のご負担が増えるのは重々承知していますが、このような理由で

保険を使っていないのです(^^)

 

 

今日から週末は晴れの天気が続くみたいです( 〃▽〃)

「秋」を満喫しましょう(*´ω`*)

長谷川 敬祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>