No74,二十四節季(*^^*)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も太陽が気持ち良い天気ですね(^^)d

このような朝日を浴びながら

「ぼ~(* ̄∇ ̄*) 」

っとするのが好きです(*´ω`*)

 

 

 

さて、今日(11月7日)は何の日でしょう?( ・◇・)?

 

 

 

今日は

「立冬」

ですね♪

季節を「春夏秋冬」の4つに分けることを

「四季」

といいますp(^^)q

現代は異常気象?の影響もあって、季節感がなくなってきましたよね( ̄▽ ̄;)

 

そこで目安になるのが

「二十四節季」<にじゅうしせっき>

です(^o^)v

1年は12カ月です。そして1カ月につき「2つ」の節気があります(^^)v

だから

「二十四節季」

なんですねo(^o^)o

 

少し書いてみましょう(*´ω`*)

1月  「小寒」…寒の入り。寒さがましてくる。

「大寒」…寒さが最も厳しくなる。

 

2月  「立春」…春の始まり。春の気始めて立つ。

「雨水」…雪が雨に変わり、氷が融けて水になる。氷雪融け雨水温む。

 

3月  「啓蟄」<けいちつ>…冬ごもり中の虫が目を覚まし姿をあらわす。冬ごもりの虫声を啓く。

「春分」…昼と夜の時間が同じ。春の最中夜昼半分。

 

4月  「清明」…清浄明潔の略といわれ、南東風が吹く春のよい季節。草木の芽がでる。

「穀雨」<こくう>…穀物を育てる雨が降り、芽を出させるという意味。

 

5月  「立夏」…夏の始まり。東洋暦では立夏から立秋の前日までを夏、西洋暦では夏至から秋分の前日までを夏としている。

「小満」<しょうまん>…植物が育ち茂る。「麦生日」と呼ばれ晴天であれば麦がよく熟するといわれている。

 

6月  「芒種」<ぼうしゅ>…雑穀の種まきをする時期。田植えの時期に入る。梅雨めいてくる。

「夏至」…昼間の時間が一番長くなる。

 

7月  「小暑」…梅雨が明ける。

「大暑」…暑さが最高になる。

 

8月  「立秋」…秋が始まる。

「処暑」<しょしょ>…暑さが終わる。

 

9月  「白露」<はくろ>…秋の気配が深まり、露の量も多くなる。

「秋分」…春分から半年目。昼と夜の時間が同じ。

 

10月  「寒露」<かんろ>…露が寒さで凍ろうとする。

「霜降」<そうそう>…霜が降りるほどに寒くなる。

 

11月  「立冬」…冬が始まる。

「小雪」<しょうせつ>…雨が雪になって降る。

 

12月  「大雪」<たいせつ>…雪が降り積もる。

「冬至」…昼間の時間が最も短い。立冬と立春の真中。

 

 

これが

「二十四節季」

です(^^)v

書いてみると意外と知らないこともありました(  ̄▽ ̄)

 

「四季」は

立春~立夏を「春」

立夏~立秋を「夏」

立秋~立冬を「秋」

立冬~立春を「冬」

としています (^^)d

 

1年を四季で割ると約90日です。

その各末18日間を

「土用」<どよう>

としています♪

これは

「土用の丑」でうなぎを食べるのが有名ですが、正確には

「夏の土用の丑」

になります(* ̄∇ ̄)ノ

それぞれに「土用」があるので(*^^*)

 

 

これが一般的な季節です(^o^)v

東洋医学の考えでは

「四季」ではなく「五季」で考えます( *・ω・)

春夏秋冬の4つではなく

春夏と秋冬の間に

「長夏」<ちょうか>(もしくは土用です)

というものが入り、「五季」となります(*^^*ゞ

 

春・夏・長夏(土用)・秋・冬

 

ということです(^^)d

深く書くとごちゃごちゃしてしまうので…

「春」…1月21日~4月5日

「夏」…4月6日~6月15日

「長夏(土用)」…6月16日~8月31日

「秋」…9月1日~11月11日

「冬」…11月12日~1月20日

と…分けることができます(日にちはその年によって微妙に違うので、あくまで参考程度です)

 

東洋医学には

「五行」という考えがあり、全てを

「5つ」

に分けて考えます (。・ω・。)

 

ひとつひとつを説明していると、果てしなくなるので…(* ̄∇ ̄*)

 

少し小さいですが、こんな「表」があります(^^ゞ

「五行色体表」といいますp(^^)q

国家試験の時はこれを暗記しないといけませんΣ(-∀-;)

私は今でも結構好きなので、だいたい覚えていますが、東洋医学が苦手な方はなかなか覚えられないと言っていました(^_^;)

この「五行」が東洋医学の考えの元になっています(^^)d

 

これを図で表すと

こんな感じになります( ̄▽ ̄)ゞ

これはまた明日にでも詳しく書きます( 〃▽〃)笑

 

 

少し話が違う方向にいってしまいましたが…(^^ゞ

季節感が無くなってきている現代でこの「二十四節季」は季節を感じることのできる区切りです。

これからどんどん寒くなりますね(>_<)

しっかり「暖」をとって体調を崩さないようにしましょう(*´ω`*)

長谷川 敬祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>