No75,五行学説(* ̄∇ ̄)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝は風が冷たいですねΣ(ノд<)

おまけに太陽が出ていなかったので、余計に寒く感じました(@_@;)

 

 

 

 

さて、昨日のブログでちょこっとだけ紹介した

「五行色体表」

ですが、これは東洋医学の世界観のひとつです(*^^*)

よく言われるのが

「陰陽論」

です( *・ω・)

「陰陽論」はなんでも「陰」と「陽」に分けて考えます(^^)v

例えば

午前が「陽」で午後が「陰」

男が「陽」で女が「陰」

という感じですp(^^)q

この世界観は「太極図」で表すことができます。

以前のブログで詳しく書いたので、今日は控えます(^^ゞ

そして一般的に

「陰陽五行論」

といわれますが、正確には

「陰陽論」と「五行学説」の2つに分類されます(。・ω・。)

 

五行はこの「五行色体表」で表すことが出来ます。

昨日の画像よりは見やすいですかね(^^;?

この図の右端を見てください。

「木、火、土、金、水」とあります。(もっかどこんすい といいます)

これが

「五行」です(^o^)v

それを分かりやすく書いたものがこれです。

この図は「五行」の世界観を表しています(*´ω`*)

まず、右回りに矢印があります。これは「相手を生み出す」関係にあります(^o^)

 

順を追ってみていきましょう♪

まず「木」は「火」に向かって矢印が伸びています。

「火」の原料は「木」です。つまり「木」が「火」を生み出します。

 

燃えた木は灰となり「土」になります。

そして「土」からは「金」(金属)が出てきます。

「土」が「金」(金属)を生み出しています。

 

「金」は冷えて結露すると表面に「水滴」がつきます。

「金」から「水」が生まれるのです。

 

最後に「水」は「木」の成長に欠かせません。

「水」が「木」を生み出しているのです。

 

このように右方向の矢印は「相手を生み出しています」o(^o^)o

 

同じ図です(  ̄▽ ̄)

次は中にある「星」になっている矢印です(^^)d

これはさっきのとは逆に「相手を殺す・制する」という意味です(。・ω・。)

 

これも順を追ってみていきましょう♪

まず「木」は「土」に向かって伸びています。

「木」は「土」の養分を奪ってしまいます。

「土」は「水」の勢いを止めたり、流れを変えたりします。場合によっては「堰き止めたり」します。

「水」は「火」を消すことができます。

「火」はその火力で「金」を熔かし、変形させることができます。

「金」は「木」を切り倒すことが出来ます。

 

このように「星」になっている矢印は相手を殺す・制することができます( ̄0 ̄;

「五行」は

「相手を生み出すもの」と、

「相手を制するもの」

の関係です(^^)d

 

これが「五行」の考えです♪♪

なんとなくで良いので分かって頂けましたか?( ・◇・)?

 

これらは

「五臓」「五季」「五気」「五味」「五色」「五官」「五主」「五志」「五方」などなど…

いろいろあります(  ̄▽ ̄)

 

このなかで一番有名なものは

「五臓」でしょうか?(^^)?

みなさん「五臓」を言えますか??

 

ちょっと考えてみましょう♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は

「肝」「心」「脾」「肺」「腎」の5つです(*^^*)

私たちは「かん しん ひ はい じん」と呼んでいます(^^)d

 

 

よく

「五臓六腑」にしみわたる…(* ̄∇ ̄*)

 

なんてマンガや映画で言われますが、では

「六腑」とは何でしょう??

 

 

 

 

 

 

 

「六腑」とは

「胆」「小腸」「胃」「大腸」「膀胱」で5つです♪

 

あれ?

あとのひとつは?( ・◇・)?

 

じつは6つめは

「三焦」<さんしょう>といいます( ̄∇ ̄*)ゞ

 

三焦?????

聞いたことがない(・・??

 

 

そうなんです。

「三焦」という臓器はありません!Σ( ̄□ ̄;)

「三焦」は教科書などに

「名のみありて形なし」

と記載されていますΣ(-∀-;)

形がないのですね(^^ゞ

(ちなみに三焦は「上焦」「中焦」「下焦」の3つにわけることができます)

 

 

東洋医学を知っている者からすると常識ですが、一般の方は知らないと思いますので、雑学?みたいな感じで飲み会等のネタにしてみてください(*^^*ゞ

 

あと、「五臓六腑」って中途半端ですよね?( ・◇・)?

これも実は

「六臓六腑」です( *・ω・)

五臓は

「肝 心 脾 肺 腎」でした。

これに「心包」<しんぽう>というものがあります(。・ω・。)

これも形はありません( ̄▽ ̄;)

 

心臓を包んで守っている「膜」みたいなものですp(^^)q

 

この「六臓六腑」で12こです♪

なので経絡は12こ左右対称にあるんですね(^o^)v

 

 

 

 

今日は少し難しい話しになってしまいました( ̄ω ̄;)

少しでも分かっていただけたでしょうか?(^^;

 

これが東洋医学の世界観です( 〃▽〃)

このバランスが崩れるから「身体をこわす」というのが東洋医学の考えです

 

もうちょっとつっこんだ内容にすると、分からなくなってしまうと思うので…( ̄▽ ̄;)

 

また追い追い書いていきますね(^^ゞ

 

では明日は日曜日♪

またしても

「雨」

みたいです(´д`|||)

風邪を引かないようにしてくださいね(^^)d

では良い週末を(*´ω`*)

長谷川 敬祐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>